チャンピオンリーグ決勝、イスタンブルで実施なくなる?
2020年06月07日付 Cumhuriyet紙

欧州サッカー連盟(UEFA)は様々な要因を考慮したうえで、残りのトーナメントをリスボンで行うことを決定したと、ビルド紙が報道した。イスタンブルでの決勝戦開催の可能性はほとんどないとみられる。

アタトゥルク・オリンピックスタジアムで開催予定だと以前から公表されていたチャンピオンズリーグの決勝戦は、トルコでの開催からポルトガルに移行される! ドイツで発行されているビルド紙は、UEFAは様々な要因を考慮したうえで残りのトーナメントをリスボンで行うと決定した、と報道した。UEFAが6月17日に正式に発表するとした決勝戦の新たな開催地に関して、ドイツのフランクフルトやロシアのモスクワからも要請があったが、リスボンでの開催が決定したという。

ビルド紙によると、UEFAがポルトガルを選んだのにはいくつかの理由が関係している。リスボンでコロナウイルスの感染者数が減少しており、UEFAからの税金に関する要請が受け入れられ、十分な数のスタジアムを擁していることなどが理由の一部としてあげられる。

トルコサッカー連盟(TFF)のニハト・オズデミル会長とセルベト・ヤルドゥムジュ副会長はこの報道に対し「ブラックプロパガンダだ」とコメントしている。ソーシャルメディアでは、「TFFは、フェネルバフチェのことに関わる代わりに、自国のサッカーの利益を擁護せよ」などといったコメントがみられた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:佐々木萌乃 )
(記事ID:49266)