テヘランの大気汚染、この一昼夜 テヘランの気温上昇
2020年06月25日付 Jam-e Jam紙


 大気質指数は24時間で平均133となり、テヘランの大気は、大気汚染に敏感な人々[大気汚染の影響を受けやすい人たち。子供、老人、心疾患や喘息を持つ人たちなど]の健康に影響を及ぼす可能性がある汚染レベルにある。

【ジャーメジャム電子版】ファールス通信によると、大気質指数は目下87であり、テヘランの大気質は許容範囲である。また、過去24時間の大気質指数は平均133であり、テヘランの大気は、大気汚染に敏感な人々の健康に影響を及ぼす可能性がある汚染レベルにある。

 テヘランの年初以降の大気は、「良好」は15日、「許容範囲」は75日、「敏感な人たちにとって不健康」は7日だった。

 一方、昨年同時期のテヘランの大気は、「良好」は25日、「許容範囲」は63日、「全ての人たちにとって不健康」は9日間だった。

 また、本日の予想最高気温は摂氏37度、最低気温は摂氏24度で、ここ数日に比べて上昇するとみられている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:GE)
(記事ID:49455)