作家アダーレト・アーオール、死去
2020年07月15日付 Milliyet紙


最新の報道によれば、トルコ文学史上の重要人物の一人であり昨日この世を去った作家のアーオール氏のために、アンカラのコジャテペ・モスクにて葬儀が執り行われた。

トルコ文学史上の重要人物の一人であり昨日この世を去った作家のアダーレト・アーオール氏が、最後の旅路へと見送られた。

その作品の数々によって今日にいたるまで数多くの賞を受賞し、91歳でその生涯を終えたアーオール氏のために、コジャテペ・モスクにて葬儀が執り行われた。

葬儀には、アーオール氏の家族と親族と共に共和人民党(CHP)党首ケマル・クルチダルオール氏、CHP副党首ビュレント・クシュオール氏、ヒクメト・サミ・チュルク元法相と何人かの国会議員も参加した。

アーオール氏の家族と親族が弔慰の言葉を受けたのちに、葬儀の祈りが捧げられた。

アーオール氏の遺体は、祈りが捧げられた後に埋葬されるために、ジェベジのアスリ墓地へと運ばれた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:49544)