BRT路線新設の詳細 首都北東から北西へ高速輸送
2020年07月12日付 Hamshahri紙


 テヘラン市営バス会社の最高経営責任者は、シャヒードヘンマトハイウェイのBRT新設の詳細について説明を行なった。

【ハムシャフリー電子版】テヘラン市営バス会社のマフムード・タラッフォ最高経営責任者は、シャヒードヘンマトハイウェイのBRT新設について、「シャヒードヘンマトハイウェイなどの高速道路は首都の道路の中で最も混雑が激しい道路であるが、これまでそこを通る公共交通については考慮されず、高速道路は自家用車の通行のみ想定されてきたのが現状である。」と述べた。

 彼は続けて、「この計画の一次調査が行われたが、その実施の最終確認はまだとれていない。」と述べた。

 テヘラン市営バス会社最高経営責任者は、シャヒードヘンマトBRTの第一段階は、最終確認がとれた場合には、テヘラン北東端にあるゼイノッディーンハイウェイのエスタフル三叉路から始まり、シャフラケ・コドゥスのサンアト広場まで続くと言及した上で、「もちろんこの計画の第二段階では、サンアト広場からテヘラン北西端の第22区まで延長する予定である。」と述べた。

 彼は、シャヒードヘンマトBRTの第一段階はテヘラン市の予算を利用し、テヘラン市営バス会社によって実施されることを強調し、「この計画の第二段階の実施には、民間部門の力を利用することを予定している。」と指摘した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:OK)
(記事ID:49579)