コジャ保健相「犠牲祭に注意!」
2020年07月23日付 Cumhuriyet紙

保健大臣ファフレッティン・コジャ氏は、科学委員会会議の開催後に書面による発表を行った。クルバン・バイラム(犠牲祭)前に各市民に向けて警告をしたコジャ氏は、ソーシャルディスタンスとマスクをつけるよう注意を促した。

コジャ大臣は、保健省のビルケント地区棟でビデオカンファレンスの形式でコロナウイルス科学委員会会議に参加した後に書面による発表を行った。

科学委員会会議は先週、7月15日(クーデター未遂事件の記念日)と重なったために開催されなかったということを引き合いに出したコジャ大臣は、今日15:00-21:00時の間に行われた会議は多数の議題と共に開催されたと伝えた。

様々な決定のうちの一つは直接的に会議と関係するものであると述べたコジャ大臣は、一定期間ビデオカンファレンスの方法によって行われた各種の会合が、次の水曜日から必要な数々の諸条件を担保して対面で行われる予定であると述べた。

コジャ大臣は、会議では1000人以下に減少した日々の新規感染者の数が再び増加する理由となりうる進捗の数々が主要な議題であり、患者の中で肺炎へと移行するのを減少させることに成功した例が取り上げられ、挿管を要する患者の状況が検討されたと伝えた。

感染症との闘いのプロセスについてもまた検討されたと語ったコジャ大臣は、会合ではCovid-19が世論に伝えられる際の言説の変化、世界でデータを共有する際に用いられる共有の言語についても検証がなされたと述べた。

コジャ大臣は、発表の中で、現況、会議で取り上げられたCovid-19の情報に関連するいくつかの問題、感染の推移に影響を及ぼす要因に言及し、「対策」、「ウイルス」、「流行」という単語によって疲弊し始めた国民にうまく情報を伝え、細かな配慮を行うニュース記者たちに感謝すると述べた。

コジャ大臣は、新規感染者の数に関して、「日々の新規感染者数が再び1000以下となったことは、感染症との闘争におけるアドバンテージであると同様に、モチベーションの力の源となる。しかしながら現在、殆ど毎日、回復する患者数同様の新規感染者が出ている。この安定した状況は、まさに健康システムは脅威からは遠い状態にあるということを示している。これは十分と言える成功ではない。新規感染者数が減らなければならないし、[回復者数との]差を広げなくてはならない」という評価を行った。

数多くの国で患者たちの訴えを受けて病院へ申し込んで診断がなされたということに注目を引いたコジャ大臣は、この状況では陽性で無症状の人々に診断を下す機会はなかったと説明した。

大臣は、トルコでは接触者の追跡アプリケーションによって、判明した患者と共に、これらの人々との接触者も峻別されて、これらの中から症状がある人々にテス トが実施されたと指摘し、この他リスクありのグループに属する人々に対してもテストが適用され、新規感染者数とテスト数との間で関係性を設ける際に、このような諸要件が念頭に置かれるべきと強調した。

■「バイラムの挨拶は可能な限り電話を通じて行わなければならない」

コジャ大臣は、サッカーの試合についても言及し「科学委員会は、リーグの最近の試合興行に不安に感じる。試合が、屋外に設置された巨大なスクリーンから、多数の観客席に似た多人数の人々によって観戦されていることは、感染を容易なものとし、病気が感染するスピードを速める可能性がある。7月24、 25、26日に行われる予定の最新の試合ではフットボールの興奮が感染の脅威を忘れさせてしまわない事を願っている。」という表現を用いた。

近づくクルバン・バイラムに関してコジャ大臣は以下のように述べた。

「バイラムに故郷に向かう予定の人々は、交通渋滞に巻き込まれてしまう前に出発しなければならない。各交通機関では混雑は回避されなければならず、各対策を順守しなければならない。バイラムの礼拝は、屋外でソーシャルディスタンスの規律に即して行われなければならない。犠牲獣を屠る際にも、それらの肉を配布する際にも健康に通常よりももっと注意しなければならない。集団のバイラムの挨拶は回避されなければならず、混雑したバイラムの食事会は開催されてはならない。訪問には制限が設けられなければならない。バイラムの挨拶は可能な限り電話を通じて行わなければならない。特に65歳以上の年齢の方々、慢性疾患を持っている人々は、お祝いの言葉は電話を通して伝えることを受け入れなければならない。いかなる形であっても握手をすることや抱擁があってはなりません。手を洗う事には注意をしなければなりません。もしも一か所に集う事があるのであれば、屋外に集いましょう。バイラムでは、マスクをつけソーシャルディスタンスを設けることを、今以上に順守する必要があります。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:49597)