1か月に8回のPCR検査!国会議員特権乱用?
2020年08月09日付 Cumhuriyet紙

(トルコ医師連合(TTB)の会長であるスィナン・アドゥヤマン教授は、公正発展党(AKP)のチュルクオール議員が一カ月に8回ものPCR検査を受けたことに抗議を示し、「これはある種スキャンダルだ」と発言した。

AKPのハジュ・バイラム・チュルクオール議員(ハタイ県選出)が、自身がCovid-19検査で陽性だったと明らかにしたことを受け、トルコ医師連合からの抗議が寄せられた。

■「これはスキャンダルだ」

トルコ医師連合(TTB)のスィナン・アドゥヤマン教授はプレスリリースのなかで、AKPチュルクオール議員が検査を8回も受けたことは容認できるものではないと話し、 「たった一人の国会議員が一カ月に8回も検査を受けることは許容できない」と述べた。アドゥヤマン教授はこの件について「これは一種のスキャンダルだ」と見解を述べた。

同教授は、「連日の検査数がリスクファクターによるものなのか、それとも大統領府や国会で働く人であるからなのかを説明すべきだ」と抗議内容を明らかにし、次のようにつづけた。

■「いかなる論理で」

アドゥヤマン教授は、国会での検査実施状況にも抗議を示し、「国会で働く議員らは、いかなる論理で週に2回も検査を受けるのか。いかなる科学的データによってこうしたことが実施されているのかが明らかにされることを望む」と述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:原田星来)
(記事ID:49716)