フェネルバフチェ、新ユニフォーム販売大人気
2020年08月13日付 Hurriyet紙


フェネルバフチェが2020―2021シーズン用ユニフォームの販売を開始し、フェネルバフチェのサポーターの大きな関心を集めている。

ユニフォームは在庫切れだと発表され、ユニフォームを生産するアディダスは継続的に新規発注を受けているとのことだ。

フェネルバフチェの主役グッズであるユニフォームは、例年のように最も大きな関心を集めており、金・紺色のユニフォームへの注文は記録的な数だという。

フェネリウムの公式サイトはアクセス集中のためダウンし、フェネリウムの店舗にもフェネルバフチェ・サポーターが大挙して押し寄せた。

これまでのところ、フェネルバフチェのユニフォーム売上数は以下の通りだ。

―昨年の発売初日と比べると3倍の売れ行きだ。

―30000枚近くのユニフォームが売れた。

―ユニフォームを購入した人は、少なくとも2枚購入して店を出た。

―ユニフォームを購入した人は同時にTシャツやマスクも購入しており、フェネリウム全体の売上に影響している。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:神谷亮平)
(記事ID:49732)