イラン・イラク・アフガニスタン難民120人、トラックにすし詰め、逮捕
2020年08月19日付 Milliyet紙


サムスンで、トレーラーにすし詰め状態にされていた120人の不法難民とともに逮捕されたトラックの運転手セダット・Bは、取り調べののち、裁判所へ移送された。

アールのドーウベヤズット地区からイスタンブルへ向かう14 BD 759のナンバープレートの付いたトラックは8月18日、サムスン-オルドゥ道のテッケキョイ郡ゲレメンでの検査地点にて停車させられた。
行われた検査では、トラックの荷台にイラク、イラン、アフガニスタン国籍の120人もの不法難民がいるのが発見された。

■「5日間移動し続けている。」

難民たちは一夜を明かすためにアタテュルクスポーツサロンに連れて行かれた。この間に、トラックの荷台の布を切り裂いて逃亡した7人の難民たちは、麻薬犯罪取り締まり支局のメンバーによって再び逮捕された。
トルコ語がわかると話すある難民は記者の質問に対し「アフガニスタンから私たちはやって来ました。彼らは逃亡しながら私たちをここへ連れて来ました。出発してから5日が経っています。その時以来ずっと移動し続けています。イスタンブルに私たちを働きに連れていくはずだったんです。アフガニスタンには仕事がないため、逃げて来ました。」と答えた。拘留されているトラック運転手のセダット・B(63)は行われた取り調べののち、裁判所へ移送された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:西田 萌)
(記事ID:49765)