65歳以上の外出禁止で公共交通機関も乗車禁止へ―ブルサ
2020年09月04日付 Cumhuriyet紙


ブルサ県の衛生当局の決定に基づき、コロナウイルス対策の一環として、65歳以上の市民は外出禁止時間帯の間は、公共交通を無料で利用することができなくなった。

ブルサでは、県の衛生当局の決定により、65歳以上の市民に対し、指定された時間帯について外出禁止令が発令された。この規制の一環として、65歳以上の人が公共交通を利用することも禁止された。この決定に基づき、BURULAŞ(市の公共交通管理公社)は運行要綱を変更し、高齢者は指定された時間帯について公共交通を利用できなくなる。

この決定により、65歳以上の市民20万2千名の人々は、朝8時〜10時、午後16時30分〜19時の間、公共交通を利用できなくなる。BURULAŞは運行要綱を更新し、新しい適用を本日から実施する。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:宮崎友裕)
(記事ID:49832)