トルコ映画:ドキュメンタリー映画『ヤレン』がエディンバラ国際映画祭でファイナルに
2020年09月02日付 Milliyet紙


ブラク・ドアンソシャル氏が、前日ツイッター・アカウントを通して監督を手掛けた2019年の『ヤレン』というタイトルのドキュメンタリー映画がエディンバラ・ドキュメンタリー映画祭においてファイナルに残ったということを伝えた。

自然写真家のアルペル・ツイデシ氏が物語を世に伝えた49分間の映画は、ブルサのカラジャベイ郡にあるアヴルパ・レイレキ村のエスキカラアーチュで漁師をしている66歳のアデム・ユルマズ氏と毎年春に村にやってくるヤレンという名前のコウノトリの間で起こることを物語っている。ドキュメンタリーは、2020年の1月に国際プラハ映画賞において最優秀ドキュメンタリー賞を獲得した。エディンバラ・ドキュメンタリー映画祭の各結果は11月9日に発表される予定だ。また『ヤレン』を鑑賞したい人は、ドアン・ソシャル氏のYoutubeアカウントからドキュメンタリー作品にアクセスすることが出来る。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:49837)