ファティフ・アクン監督の名作『愛より強く』のビロル・ウネル氏死去
2020年09月04日付 Hurriyet紙


ファティフ・アクン監督の著名な作品『愛より強く』で演じた演技によって知られているビロル・ウネル氏が癌との闘いに屈した。

ファティフ・アクン氏が監督した『愛より強く』、『7月(邦題:太陽に恋して)』、そして『ソウル・キッチン』といった映画作品における役柄によって知られ、ドイツでも数多くの俳優そして映画で役柄を演じたビロル・ウネル氏が59歳でその生涯を閉じた。

長年アルコールとの闘いを続けていたウネル氏は、誕生日である8月18日に状態が悪化したために病院に搬送された。

1961年にシリフケで生まれて家族が1968年にドイツへと渡ったビロル・ウネル氏は、ブレーメンで育った。ドイツで若い時期に公園で張り職をした後に、ハノーファーに渡りハノーファー音楽演劇大学に登録をしたウネル氏は、映画人としてキャリアを1987年の『旅人(トルコ語題:Yolcu)』と共にスタートさせた。

1992年にベルリン劇場のカリギュラ―の役柄によって最初の役柄を演じた。2000年にファティフ・アクン氏が監督した映画『太陽に恋して』によって映画界で知られるようになった。『愛より強く』によってもその名を不動のものとした。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:49838)