運転免許と身分証明書が一体化―月曜日から開始
2020年09月18日付 Hurriyet紙


スレイマン・ソイル内務相は、運転免許証の情報がトルコの身分証明書カードに加えられるプロジェクトの開始について言及した。ソイル内務相は、「テクノロジーがあらゆる場面においてそうであるように、国民の手続きの簡素化に使われることを保証し、実際に毎年何百万もの戸籍登録の手続きを行うサービス分野が多くの国民の満足度を確実なものとするために力を尽くし、大きな革命を実現させた仲間たちには、みなさんの前で今一度祝福の意を示したい。」と話した。ソイル内務相は一方で、「月曜日から、新たなタイプの運転免許証は、トルコ国内の人口業務総局で予約をとることによって、新しい世代の身分証明書カードに一体化が始まる予定だ。この手続きのために、つまり運転免許証に記載の情報が一体化されるために、費用はかからない。」と述べている。

スレイマン・ソイル内務相は、人口・国籍業務総局で統制されている運転免許証の情報の、トルコ共和国身分証明書カードへの一体化を含めた「生活は身分証明書で簡単に」プロジェクトの紹介を行った。ソイル内務相は、「テクノロジーがあらゆる場面においてそうであるように、国民の手続きの簡素化に使われることを保証し、実際に毎年何百万もの戸籍登録手続きを行うサービス分野が多くの国民の満足度を確実なものとするために力を尽くし、大きな革命を実現させた仲間たちには、みなさんの前で今一度祝福の意を示したい。」と話した。ソイル内務相は一方で、「月曜日から、新たなタイプの運転免許証は、トルコ国内の人口業務総局で予約をとることによって、新しい世代の身分証明書カードに一体化が始まる予定だ。この手続きのために、運転免許証に記載の情報が一体化されるために、費用はかからない。」と話した。

ソイル内務相は、トルコで短期間のうちにとても大きな変革が実現されたことを強調しながら、「1995年当時、私は市長だった。私のところにいつもやってくる10の苦情のうち、3つは、人口業務の管理の前で何日も列を作って待っている人々からだった。これを私は伝えたいのだ。人口業務の管理は、トルコのテクノロジーの近代の顔を代表している。国民は1日で予約を取ることができる。特に私たちは列を作ったものだ。70日後、50日後、30日後の予約をとらせる郡や20~25日後の予約をとらせる郡が私たちにとっては普通であった。「70日や90日をどうやって減らせるだろうか。」と言って努力を重ねた。「3つをひとつにしよう。」と私たちは言った。始めた理由は何だ?国民が警察へ行き、パスポートを受け取ることのないように。警察の仕事はパスポートを渡すことではないはずだ。交通登録の書類を渡すことでもない。運転免許証を渡すことでもない。結局、ある1日から変わった。2018年4月2日に言ったのは「3つをひとつにまとめる」という言葉だ。警察から1日でそこへ渡るすべてのシステムが、パスポート-運転免許証システムだ。統合され、同時に国民へのサービスが開始される予定だ。これはばかげた勇気ある施策なのであろうか、私にはわからない。今日の知識があればしないだろう。そして、実に、国民に対して手続きの簡素化が確実なものとなったのだ。」と話した。

■月曜日から開始、費用は無料

ソイル内務相は、月曜日から、新たなタイプの運転免許証が、トルコ国内の人口業務総局で予約をとる手続きを経て、新しい世代の身分証明書カードへ一体化され始めることに触れ、以下のように話した。
「この手続きのために、つまり運転免許証の情報を一体化するために費用は一切かからない。身分証明書の裏面にチップがある。これには5つの分野があり、我々はこの4つ目を使いたいと考えている。月曜日から、新たなタイプの運転免許証が、トルコ国内の人口業務総局で予約をとる手続きを経て、新しい世代の身分証明書カードへ一体化され始める。この手続きのために、運転免許証の情報を一体化するために費用は一切かからない。運転免許証の有効期限に達した際、古いカードを新しくするように、身分証明書カードから自動的に削除される。ただこれを一度一体化したら、一生同じ情報が残るというものでもない。皆が行かなければならないのか?いいえ、月曜日から、新しい身分証明書をつくりに行く者、もしくはパスポート-運転免許証をつくりに行く者は、申し込みをすれば一体化できる。これから新しく身分証明書をつくりに行く者へは、人口業務総局の職員が以下の質問をするだろう。”身分証明書カードに運転免許証を持っているなら一体化できるが、どうしますか。”と。それから2つの手続きが同時に行われ、自動的に一体化される。情報がカードにまとめられた後は、運転免許証としても身分証明書としてもこの1枚のカードで足りるようになる。既に運転免許証とともに身分証明書を持っている者は、手続きにいけば一体化できる。システムテストとして、人口業務総局の3500人の職員の身分証明書カードと運転免許証を一体化し、適用が実現された。このために様々な技術的対策がとられている。」

■電子身分証明書の認証システムの実用化

ソイル内務相は、2021年の初期段階で、電子身分証明書の認証システムを実用化することに触れながら以下のように話した。

「来年の初期に、願わくば電子身分証明書の認証システムを実用化したい。これもひとつの変革で変化である。これはテクノロジーとして我々をまったく別のレベルへ連れていくことである。小さな身分証明書認証機械だ。この機械に自分の身分証明書を通し、指を置く。向かいの職員に対して「本人です。」と言えばそれで終わりだ。顔と写真をみるだろう。これが本物と認められたときから、全く別のレベルへとトルコ全てが移行するのだ。詐欺や偽造を防ぎ、手続きを簡単にし、すべての組織が詐欺や偽造の問題にコントロールメカニズムの観点からとても深いレベルへと達するだろう。すべての基礎は終わり、プログラムも終了した、調整も終わった。今、私たちが踏み出す一歩は、ともに願わくば2021年に、運転免許証と身分証明書一体化の問題のあとに投じられるだろう。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:大畠梨紗子)
(記事ID:49905)