ガラタサライ、3スーパースター放出へ
2020年10月10日付 Milliyet紙


移籍期間の終了に伴い、ガラタサライの新しいロードマップが明確になった。移籍期間から教訓を得たガラタサライは選手の放出に向けた動きを始めた。

夏の移籍期間の終了に伴い、ガラタサライでは実現した、またはしなかった措置が批判を集める中、反発も高まり始めている。

チーム指導部が熱望していたミッドフィールダー1人とサイドプレーヤー1人の獲得に失敗したのと同時に、売却候補だった選手たちは誰も放出されなかった。

これにより、ガラタサライは、移籍選手獲得資金の原資を得られず、起用を余儀なくされる選手達に対して何百万ユーロもの給与を支払い続けることになる。

この事を良く思わないファティヒ・テリム監督は、「残念ながら売却に失敗した」と現状に対する不満を述べた。

■ロードマップが明らかに

トルコ国内の報道によると、テリム監督が経営陣と共に現状に関する評価を行い、ロードマップが明らかになった。

■行動は早めに

ガラタサライの経営陣は、夏の移籍期間から教訓を得て、獲得・放出候補の選手に関し早めに対策をとるという。

■放出候補が明らかに

冬の移籍期間に向けた準備が今から始まることが決まり、放出候補の選手については今から移籍先のクラブを探すということだ。

■バベルが筆頭候補

今季ガラタサライからの放出が予想されている選手として、ライアン・バベルが真っ先に挙げられる。このオランダ人選手は、高年俸とコンディション不良により戦力と見なされていない。

■ディアニェの移籍先が見つかる見込み

高額の移籍金でガラタサライに加入したが期待通りのパフォーマンスを発揮できていないエンバイェ・ディアニェは、放出候補の筆頭に入っている。

ガラタサライの経営陣はこのセネガル人選手を今季中に放出することを望んでおり、今から移籍先を探し始めるということだ。

■フェグリも移籍リスト入りか

ディアニェとバベル以外にも、徐々に調子を落としているソフィアン・フェグリが移籍リストに加えられると予想されている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:神谷亮平)
(記事ID:50000)