特に多くのアフガニスタン国民が住むイラン5州
2020年09月25日付 Hamshahri紙


“イラン統計センターの2016年のセンサスによると、アフガニスタン移民は主にテヘラン州、ラザヴィ・ホラーサーン州、エスファハーン州、ファールス州、ケルマーン州の5つの州に居住しており、これらの州の中には50万人以上のアフガニスタン国民を抱えている州もある。”

【ハムシャフリー電子版】タスニーム通信の報道によると、2016年に実施されたセンサスでは、イランに居住するアフガニスタン移民の人口は1,583,000人と発表された。しかし、公安担当内務副大臣は昨年、イラン国内に約300万人のアフガニスタン国民がいると報じた。

 我が国は1980年以来、約40年に渡ってアフガニスタン人の姉妹、兄弟を受け入れてきており、今日でも第3世代、第4世代のアフガニスタン人が国内に滞在している。イラン内務省の発表によると、85万人以上のアフガニスタン国民がイランによって発行されたアーマーイェシュ・カード[訳注:イラン政府が発行する短期滞在許可証]を保有し、加えて[アフガニスタンの]パスポートを所有した約45万人がイラン国内で暮らしている。

 外国人の移住は人口動態の変化に影響を及ぼす要素の一つである。人口減少のリスクに直面している多くの国は、この問題から脱する手段として移民を利用している。既存の文化的、民族的多様性を考えた場合、確かにイランはこの点において他国と比較することはできないが、だからと言ってこの特徴が即ち人口減少の問題を完全に無視することの理由にはならない。国内の人口減少の危機を考慮すれば、今こそ適切な地方政策を設計し、利用可能なすべての能力を使う時である。

 イラン統計センターの2016年のセンサスによると、アフガニスタン移民の多くは5つの州(テヘラン州、ラザヴィ・ホラーサーン州、エスファハーン州、ファールス州、ケルマーン州)に居住してる。以下の(本サイトでは右上の)地図は、アフガニスタン国民の数を州ごとに示している。

 この地図によると、各州のアフガニスタン人の数は以下の通りである。
-テヘラン州:500,000人以上
-ラザヴィ・ホラーサーン州:300,000~499,999人
-エスファハーン州/ケルマーン州/ファールス州:200,000~399,999人
-ヤズド州/ゴム州/アルボルズ州:100,000~199,999人
-マルキャズィー州/ガズヴィーン州/ゴレスターン州/セムナーン州/ブーシェフル州/ホルモズガーン州/スィースターン・バルーチェスターン州:50,000~99,999人

 その他の州に5万人未満のアフガン人が滞在している。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:KMMK)
(記事ID:50014)