テヘラン州知事「今週末まで首都の新型コロナウイルスによる制限を延長」
2020年10月17日付 Jam-e Jam紙


 首都の新型コロナウイルスによる制限を今週末まで延長することをテヘラン州知事が発表した。

【ジャーメジャム電子版】ISNA[イラン学生通信]によると、アヌーシーラヴァーン・モフセニー・バンドペイ知事は新型コロナウイルス感染状況悪化を受けて制限の延長について以下のように説明した。「先週通知したすべての制限はイラン暦[メフル月]27日(西暦10月18日)日曜日から今週末までテヘラン州において有効である。小中高や大学、その他の教育機関の授業の実施に関しては、非対面による学習とインターネットを活用することに重点が置かれる。」

 知事は加えて、「また、テヘラン州の住民は外出時のマスク着用が義務付けられる。社会的・文化的・宗教的各種行事や集会の非開催[原文は「開催」となっているが明らかに誤植]、スポーツクラブ(フィットネスクラブ)、レスリングや空手、柔道などのフルコンタクトスポーツ、カフェやコーヒー店、喫茶店、動物園、遊園地、ウォーターパーク、屋内プール及びトレーニングジムの休業[上記訳注同様]、さらに金曜礼拝の非開催がこの通知において強調される。」と述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:KT)
(記事ID:50092)