コロナ新対策発表―金曜8時からレストランなどTakeoutのみに
2020年11月18日付 Hurriyet紙


最新ニュース…。内務省は、レジェプ・タイイプ・エルドアン大統領によって発表された新たなコロナウイルスの予防策を適用するために、全81県の知事に通達を送付した。コロナウイルスの件数が増加したために、取られた決定の中には外出規制も含んでいる。11月20日金曜日の夜20時から有効となる内務省の通達によると、週末は10:00~20:00時以外では外出は禁止される予定だ。一般市民は外出禁止規制が一体いつ始まるのか、これが週末だけに制限されるのかということに注目している…。その一方でショッピングセンター、レストラン、遊興場(カード、バックギャモン)、カフェなどの営業時間の時間、スタイルに関する詳細も明らかとなった。以下は、コロナウイルスとの戦いにおいて取られた新たな予防策に関する全詳細である…。

1.
最新ニュース…。内務省の通達は、Kovid-19の拡大そして感染が最近全世界で上昇し続けており、特にヨーロッパ大陸で感染の推移で深刻な上昇が見受けられるために新たな対策が取られたと指摘し、トルコでもまた統制のとれた社会生活の基本的原則である除菌、マスク、ソーシャルディスタンスのルールと並んで、感染の推移とあり得るリスクを念頭において、生活の全領域で従う必要のある諸条件と予防策が明確にされた、と強調する。

2.新たな対策は20日(金)の20:00時から有効となる

通達によれば、エルドアン大統領が議長となり招集された大統領閣議で下された決定に沿って新たな諸対策は11月20日金曜日の夜8時から有効となる。

3.
この枠組みにおいてショッピングセンター、マーケット、床屋、ビューティサロンは、10:00~20:00時の間のみ営業が行われる。

4.
レストラン、食堂、ケーキ屋、カフェテリアといった飲食店は、10.00-20.00の時間ではデリバリーサービスもしくはテイクアウト形式で営業するという形で開店できる予定である。

5.
レストラン、食堂、オンラインの食事サービスの会社は、午後8時以降も電話による注文、またはオンライン注文を受けてデリバリーサービスを行える。

6.
県及び郡の保健委員会によって逐一明確にされ、居住場所に所在しないとの条件で、各都市間の陸路に隣接し、各都市間の輸送車両もしくはロジスティック目的の車両に対してサービスをおこなう休憩所所在の飲食所は、各種制限からは免れる予定である。

7.
映画館は2020年12月31日まで、コーヒーハウス、遊興場、郊外風飲食店、インターネット・カフェ/サロン、PCゲームサロン、ゲームセンター、ビリヤード・サロン、会員制クラブハウス、チャイ広場、ミニサッカー場の活動は新たな決定がとられるまでは停止される予定である。また更に以前に活動が停止させられた水タバコサロンに関する適用は継続される予定である。

8. 外出の制限
全県で65歳以上の年齢の人々は日中10:00~13:00時に、2001年1月1日及びそれ以降に生まれた20歳以下の人々は、日中13:00~16:00時には外出することが出来る。この時間以外には上記指定の年齢層の市民は外出が制限される予定である。

9.
仕事場により明白な理由を提示する業務、社会保障機構(SGK)の登録といった書類を提示する勤労者たちは、この適用を免れる予定である。新たな決定が行われるまで週末は10:00~20:00時以外に外出制限が適用される予定である。

10.
生産、製造、供給チェーンはこの制限からは免れることになる。この方向での初の適用として、11月21日(土)の20:00時から11月22日(日)の10:00時まで、11月22日(日)の20:00時から11月23日(月)の5:00時までは、外出制限が適用されることになる。この日程以後の週末の外出制限は、新たな決定がとられるまでは同じ形で継続する。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:50199)