パレスチナ:イスラエル軍がガザ地区を空爆(1)
2020年11月22日付 al-Quds al-Arabi紙


■占領軍がガザ地区内の分散された複数拠点を攻撃

【ガザ:本紙】

イスラエル空軍は日曜未明、ガザ地区内の分散した複数拠点に対する攻撃を実施した。

軍用ヘリコプターがガザ市西部の複数拠点および同地区の南方に位置するハーンユニース市を攻撃した。

ガザ当局およびイスラエル軍はともに攻撃に関する即座の声明を発表しなかった。

この攻撃はガザ地区からイスラエル南部にむけてなされたミサイルの発射を観測したとするイスラエル軍の発表からおよそ3時間後に開始された。

イスラエル軍のスポークスマンであるアフィーハーイー・アドゥルイー氏は、「ガザ地区からイスラエル領土にむけてミサイルが発射されたあと、イスラエル南部のアシュケロン市内で警報が発令された」と述べた。

(2)に進む

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:谷口萌依)
(記事ID:50219)