パレスチナ:イスラエル軍がガザ地区を空爆(2)
2020年11月22日付 al-Quds al-Arabi紙


■占領軍がガザ地区内の分散された複数拠点を攻撃

【ガザ:本紙】

ヘブライ語の民間放送であるチャンネル13によると、ミサイルは死傷者を出すことなく、無人地帯に落下した。

ガザ地区内のどの機関もミサイル発射に関する責任について言及しなかった。「ハマース」は8月31日、イスラエルとの停戦に合意したと発表した。

それ以来、イスラエルとガザ地区の国境は比較的安定した状況である。

イスラエルはおよそ14年間にわたってガザ地区を厳しく包囲してきた。これにより、住民で溢れかえっているガザ地区内では貧困率と失業率が大幅に増加した。

最初に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:谷口萌依)
(記事ID:50243)