禁止の結婚式の花嫁、警察取り調べに涙
2020年12月11日付 Hurriyet紙


ブルサにて、コロナウイルス対策の一環として禁止されているにも関わらず結婚式が開催され、これに対し警察職員達が取り締まりを実施した。取り締まりの間、新郎新婦を含む25名に対し、1名あたり3150トルコリラ、合計7万8750リラの罰金刑が課された。この間、花嫁は涙を流していた。

ブルサ県警察本部ユルドゥルム郡警察本部に属する、犯罪抑止・捜査管理局の職員とエルトゥールル・ガーズィー警察署管理局の職員は、コロナウイルス対策として禁止されているのに反して、イイットレル地区にある結婚式場にて、式が行われているという通報を受けた。これを受けて警察職員達は、結婚式場での取り締まりを実施した。警察が来たことに気付いた一部の招待客は、式場の上階に逃げて隠れようとした。

■計78,750リラの罰金

捜査陣は部屋を1つずつ歩き回り、隠れていた人々を見つけては下の階へ連れ戻した。一部の客は警察職員達へ対し、式場の管理者と披露宴主催者に責任があると述べ、刑罰を課さないよう求めた。警察職員達は、宴に参加した出席者と結婚した当事者いずれにもこの件に関する情報を伝え、内務省により公表された回覧状を示して、婚約儀礼のみ行えると説明した。警察は、新郎新婦と式場の管理者もあわせ25名から、1名あたり3150リラの合計7万8750リラ(約105万6549円) (注)の罰金を課した。

■泣く花嫁を友人が慰めた

取り締まりの間、花嫁は涙を流しており、何分もの間涙に沈む花嫁を友人たちが慰めた。

(注)2020年、トルコの月額最低賃金は2943リラ(約3万9487円)であり、手取りは2324.7リラ(約3万1191円)である。2018年夏を起点とした大幅なトルコリラの下落、政府発表では消費者物価ベースで2020年は年間平均12.04%の上昇と発表されたが(https://www.aa.com.tr/tr/ekonomi/enflasyon-rakamlari-aciklandi/2063902)、これに異を唱えるメディアもある(https://t24.com.tr/yazarlar/fikret-bila/enflasyon-ve-asgari-ucret-kandirmacasi,28954)。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:宮崎友裕)
(記事ID:50298)