コロナ禍において養子縁組の申請が10%増加
2020年12月09日付 Hamshahri紙


 テヘラン州社会福祉担当副知事は、「テヘラン州における過去6カ月の養子縁組の統計は、イランでの養子縁組の増加を物語っている」と述べた。

【ハムシャフリー電子版】イラン学生通信[ISNA]によると、テヘラン州のメフディー・ハーンケ社会福祉担当副知事はこう述べた。「新型コロナウイルスの蔓延と実施された制限にも関わらず、1399年[西暦2020年]前半6か月の養子縁組申請件数は、昨年の同時期と比べて10%増加している。」

 彼は付け加えて以下のように述べた。「全般的に、養子縁組を申請する人々の数は多く、我々もまた養子縁組手続きの迅速化を図ることによって人々の親切心に報いられるように努めている。」

 さらに彼は、「養子縁組の申請件数は、夫婦間の出産の減少、結婚年齢の上昇、文化的な事由、孤児に対する社会的・心理的保護などの要因により、常に高くなっている」と付け加えた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:WN)
(記事ID:50321)