YouTube社、法に従いトルコ代表設置へ
2020年12月16日付 Milliyet紙


最新の報道によれば、YouTubeは、トルコにおける現地法人の任命プロセスを開始する決定をとったと伝えた。YouTubeの発表では、「トルコでの責任者達とも共有をおこなった、この決定をとったことに満足をしています。」との表現が用いられた。

10月1日に施行されて「ソーシャルメディア法」としても呼ばれる第7253号の「インターネット環境において行われる放送の整備及びこの放送ルートを通じて働かれる犯罪と闘うことに関する法の改正に関する法律」という枠組みで、国外に拠点をもつ各ソーシャルメディア企業は11月2日にまでその国に代表者を任命する必要があった。トルコから一日のアクセス数が100万回以上あり、法令に従って行動していない人物達に対しては千万リラの罰則が科せられた。

Youtubeの発表では、会社は、透明性、表現の自由、情報アクセスを遵守しながら、活動を行う国々の国内法と規定に沿うため常に注意を払っている、と伝えられた。

発表では、最近改定が行われた、5651号の法律とともに(インターネット環境において行われる放送の整備及びこの放送ルートを通じて働かれる犯罪と闘うことに関する法)、ソーシャルネットワークの各種のプラットフォームのために課された新たな義務がここ数か月間に渡ってあらゆる点で検討されたと伝え、以下のような表現を用いた。

「Youtubeが、トルコのコンテンツ制作者及びユーザーたちにとって、どれほど重要なものであるのかということは知っている。毎日何万人ものコンテンツ制作者がYoutubeで生み出す、多様な声を内包する独自性にあふれた世界を関心を持ってフォローをしています。こうした意識・原則に依拠しながら、Youtubeのための現地法人の代表者を任命するプロセスを開始する決定をとりました。トルコでの責任者達とも共有をおこなった、この決定をとったことに満足をしています。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:50330)