再び2日間、都市部外出禁止
2021年01月08日付 Milliyet紙


最新情報によると、新型コロナウイルス(COVID-19)対策措置の一環として、トルコ全土において1月11日月曜日の午前5時までの外出制限が開始された。内務省は外出制限期間中も営業する店について改めて発信した。詳細は以下の通りである。

外出制限の実施期間中に、市民が生活必需品を入手するのに困ることがないよう、内務省は前もって通達を出し、必要な措置がすべて講じられた。

これによると、市場、商店、八百屋、肉屋、ナッツ店は、土曜日と日曜日の10時から17時の間営業する。また市場や商店は、事前に受けた注文の品の引き渡しもこの時間帯に行う。

食堂やレストラン、菓子店などは、本日の24時まではテイクアウト形式のみで営業する。これらの店は、土曜・日曜は10時から24時の間、テイクアウトでの営業を継続することが出来る。

土日の間、パン製造所または粉製品の認可事業所と、パン販売店のみが営業する。

オンラインショッピングの会社も、金曜・土曜・日曜は10時から24時の間の注文を受けることができる。

市民は、外出制限の実施期間中(土曜から日曜の間)は、居住地から最寄りの市場、商店、八百屋、肉屋、ナッツ店、パン製造所または販売店へ、徒歩にて行き来することができる。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:宮崎友裕)
(記事ID:50422)