コロナ・ワクチン接種済みの医療従事者、70万超
2021年01月17日付 Hurriyet紙

新型コロナウイルス(Covid-19)対策の枠組みで開始されたワクチン接種プログラム4日目にして、70万人以上の医療従事者がCoronaVacワクチンの初回接種を受けた。
コロナウイルス科学委員会の推奨のもと、保健省が規定した「Covid-19ワクチン国家適用戦略」に従い、1月14日(木)に全国で開始されたワクチン接種活動が継続している。この枠組みにおいてはまず医療従事者のワクチン接種が実施されている。


ワクチン接種プログラム4日目にして70万人超の医療従事者がSinovac社製造のCoronaVacワクチンの初回接種を受けた。アンカラ都市病院にある130部屋のワクチン接種室で医療従事者がワクチンを接種している。

■医療従事者らはワクチン接種を推奨

診療放射線技師のファトマ・セヴランさんは、ワクチン接種の経過は非常に良好であり、わずかな注射の痛みのみ感じたとし、「Covid-19にかかりました。自分がどんな困難を経験したか知っています。ワクチンが来たと聞いて喜んで[接種しに]来ました。」と述べた。

再感染しないためにワクチンを打ったというセヴランさんは「皆さんに勧めます。何の問題もありません。」と述べた。
看護師のジハン・カヤさんは5ヶ月前にCovid-19に感染し、初期経過が非常に痛みをともなった、また発熱やその他症状があったと話した。

ワクチンが最後の手段だと考え、接種に参加しようと決めたと言うカヤさんは、「ワクチンを接種するときは痛み等は何もありませんでした。今のところ問題は出ていません。社会的責任であり、私達はワクチン接種する必要があります。他の手立てはありません。現在この病気から助かる方法は他にありません。ですからワクチン接種が必要です。」と話した。

医療従事者たちはワクチン接種後セルフィーを撮った。

■2回目の接種は28日後

トルコの医療従事者1万1千人のワクチン接種後、高齢者、障害者、福祉施設等の居住者および勤務者らがワクチン接種を受ける。このグループの後に65歳以上の個人が続く。

初回接種の28日後に2回目のワクチンが打たれる。MHRS(中央医師予約システム)およびe-Nabız(e-パルス)のアカウントから予約を確認または変更することができる。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:安井 悠)
(記事ID:50504)