日本、オリンピック参加の条件発表
2021年01月20日付 Hurriyet紙

日本の加藤勝信官房長官は、7月の終わりに開催されることが見込まれていた東京オリンピックそしてパラリンピック大会において新種のコロナウィルス(Covid-19)のワクチンが必須の前提条件とはなりえないと話した。

加藤氏は、開催された記者会見において、東京オリンピックにおいてワクチンを条件とするかどうかという事に対する返答において、参加者たちに対して新型コロナウイルス(Covid-19)ワクチンが「前提条件」として適用されない対策を採用したと語った。

加藤大臣は、「ワクチンが前提条件とはならないということをはじめ、安全なトーナメントが開催できるように必要な探知、行動規制をはじめとする包括的な対策を考えています。」と語った。

■2020年11月に東京訪問に際しての説得のメッセージ

2020年の11月中旬に東京オリンピックのフィールド、スポーツサロン、宿泊施設を調査している国際オリンピック委員会(IOC)会長トーマス・バッハ氏は、「日本人を守る目的においてIOCは、スポーツ選手そして参加者たちから出来る限り多くの人がこの地へと一本のワクチンを打って訪れることが出来るように多大な努力を払う事になるだろう。」と語った。

バッハ氏は、「更に多くの数の外国人の参加者をワクチンを打つように説得したいと思っています。これはまた、私たちにオリンピックスタジアムにおいて観客を呼び込むこと、そしてこの観客たちが安全な環境を有することを提供することになるでしょう。」という表現を用いた。

■代替計画の強調

日本の行政改革担当大臣河野太郎氏は、先週国際メディアに対して行った談話において、トーナメントが開催されることへの質問に対して、「現在から夏に至るまでありとあらゆることがあり得ます。現在の最も良い形で準備を行わなければなりません。あらゆる方向に移り変わりえます。委員はB計画そしてC計画に対して準備を行わなければなりません。状況は簡単ではありません。」と語った。

IOCのカナダ出身委員のリチャード・ウィリアム・ポンド氏もまたトーナメントが新種のコロナウイルス(Covid-19)の各条件下で開催されることに確信が持てないと述べながら、「なぜならば継続している明確な事実はウイルスが広がっているということになるからです。」という表現を用いた。

その前の週末に行われた共同通信社のアンケートにおいて、トーナメントに関しての質問について参加者の35.3%が「キャンセルされなければならない」、44.8%が「再度延期されなければならない。」という返答を与えた。

■完全な決心

週末に参加したテレビ番組において問題に関連した質問への回答において加藤氏は、「競技場についてそしてカレンダーに対して決定を行いました。各責任者たちは感染拡大のコントロールを含めた準備を行っています。」という表現を用いた

日本全体では11県において2月7日まで継続する予定の緊急事態(OHAL)宣言の後にIOCが共同通信に送った発表においては、「IOCは日本の権力に対して、またそれが採用した対策に対しては完全な信用を有しています。日本の私たちのパートナーと共に、この夏の安全でそして成功できるオリンピックのために集中して、そして信頼を継続しています。」
という表現が用いられた。
更に前の2020年7月24日~2020年8月9日に開催されることが計画され、パンデミックのために延期された東京オリンピックは7月23日~8月8日に開催されることが決定された。

トーナメント全体で業務にあたっている約3500人に対してのオンラインの新年の会合において語った組織委員会会長森喜朗は、東京オリンピックがパンデミックのために再び延期されることは「ありえない」と弁護した。

週明けの議会開会において語った菅義偉首相は、オリンピックに対しての政府の決意を繰り返しながら、「オリンピックは、人類が新型コロナウイルスに勝利したということにおいても証拠となるだろう。」と語った。

更に前に7月24日~8月9日に行われる事が計画されていて、パンデミックのために延期がされた東京オリンピック大会は、7月23日~8月8日に開催されることが決定された模様だ。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:50525)