イスタンブル検察、ボアジチ大関係者を逮捕ーカーバ写真へ「不敬」
2021年01月30日付 Cumhuriyet紙


イスタンブル共和国主席検察局は、ボアジチ大学の前で「カーバ神殿の写真を地面に投げつけた」として拘留中の4名について、「うち2名は逮捕され、うち2人は自宅拘束の措置を採るよう要請が刑事裁判所へ行われた。」と公表した。

イスタンブル共和国主席検察局は、「容疑者らの供述が取られた後、人々を憎悪と敵意に駆り立て、公然と不敬行為に及んだとして、2名は逮捕され、2人は自宅拘束の措置を採るよう要請が刑事裁判所へ行われた。」と公表した。

■新たな捜査

検察は、「さらに、LGBTI +という名称のもと活動する団体の部屋で捜索決定に基づいて実施された捜査で、PKK(クルディスタン労働者党:非合法)テロ組織の関連文書が押収され、共和国主席検察局によって独自に新たな捜査が開始された。両捜査とも、細心の注意を払って実行されている」とした。

拘留された学生らはビデオを公開し、声明を出している。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:田辺清鼓)
(記事ID:50604)