フェネルバフチェ、注目のエジルに関する決定
2021年02月12日付 Radikal紙


スーパーリーグでのガラタサライとのダービーマッチに敗れた直後、カップ戦でバシャクシェヒルにも敗れたフェネルバフチェで、今度はメスト・エジルに注目が集まっている。

■ブルト監督に援軍

ここのところ、最も批判を浴びている人々の筆頭はエロル・ブルト監督だ。フェネルバフチェは、ダービーマッチとカップ戦の敗戦の後批判の俎上に載せられたエロル・ブルト監督を擁護した。スポーツディレクターのエムレ・ベロゾールは、「エロル・ブルト監督を信じており信頼している。監督も試合に満足していない」と述べた。

■メスト・エジルに関する注目すべき進展

フェネルバフチェへの移籍が国際的に大きな注目を集めたメスト・エジルは、ガラタサライ戦とメディポル・バシャクシェヒル戦で途中出場し、コンディションの回復に努めている。フェネルバフチェでメスト・エジルに関して注目すべき決定がなされた。

■カラギュムリュク戦のメンバーが明らかに

怪我人の影響で先週は万全とは程遠いメンバー構成だったフェネルバフチェだが、明日のカラギュムリュクとのリーグ戦のスターティングメンバーが概ね明らかになった。

■アルタイ復帰

エロル・ブルト監督は、カップ戦のバシャクシェヒル戦で失点に直結するミスを犯したハルンをベンチに回し、ゴールキーパーのスタメンをアルタイに託した。

■ディフェンス陣は強固

ブルト監督は、ギョクハンの代わりにナーズムに右サイドバックを任せ、左サイドバックにはジャネル、センターバックではセルダルとサライ(あるいはティセラン)がコンビを組む。グスタボが不在の中盤にはオザンとソサ、その前の位置でメスト・エジルがプレーするとみられる。

■メスト・エジルがスタメン入り

ここ3試合の公式戦では途中出場したメストは先発出場する。両ウイングにはオサイとバレンシア、1トップにはガラタサライとのダービーマッチに出場しなかったティアムが得点源として出場する。

■サマッタはベンチスタート

両ウイングにはオサイとバレンシア、1トップにはガラタサライとのダービーマッチに出場しなかったティアムが得点源として出場する。先週調子を落としていたパピス・シセとムブワナ・サマッタは、第25節・カラギュムリュク戦ではベンチスタートの予定だ。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:神谷亮平)
(記事ID:50671)