サハラの砂、ヨーロッパに達したあとトルコに
2021年02月22日付 Cumhuriyet紙

気象学にとても興味を持っているオウズ・アイドゥンさんは、ツイッターで最新の天気予報を発表した。北アフリカにあるサハラ砂漠より起こった砂塵はヨーロッパでは雪として地面に落ち、一部ヨーロッパ諸国にオレンジ色の雪が降った。その時の模様は面白い映像が公開される原因となった。

天気予報をSNSで公開しているアイドゥンさんは、サハラ砂漠からスペインとフランスに到達した砂漠の砂は、週内には極点まで達し、そこから東ヨーロッパ諸国に向かい、最後にトルコやってくると述べた。

アイドゥンは、話の続きで「誤って理解しないでほしい。サハラ砂漠で出現した砂は我が国へ北から下りてくる。」と述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:新井慧)
(記事ID:50712)