2021年メッカ巡礼決定延期、小巡礼はなし
2021年03月09日付 Hurriyet紙

宗教庁は2021年の大巡礼と小巡礼に関する声明を出した。声明では、「サウジアラビアが正常化プロセスを断食月明けの祭日以降まで延期したため、トルコから小巡礼の訪問も行われない。」と述べられている。

以下が宗教庁により出された声明である。

2021年の大巡礼と小巡礼に関して国民から多く寄せられた質問に関して以下のような発表を行う必要があると感じられた。

2020年の大巡礼は新型コロナウイルス感染症の流行により行われなかったため、大巡礼について抽選で選ばれた志願者の権利は2021年にも継続される。

サウジアラビア巡礼省とは2021年の大巡礼に関して会合を継続している。会合の結果、出された結論は国民と共有される。

■小巡礼の訪問は行われない

また、サウジアラビアが正常化プロセスを断食月明けの祭日以降まで延期したため、トルコから小巡礼の訪問も行われない。

国民は大巡礼と小巡礼に関して0850-260-1313の番号でコミュニケーションセンターから情報を得ることができる。

国民のみなさんへ謹んでお伝えする。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:岩坂翼)
(記事ID:50768)