宗務局組合局長「金曜礼拝、実施の瀬戸際」
2021年03月16日付 Hurriyet紙


トルコ宗務財団組合局長ヌリ・ウナル氏は、制限付きの正常化に従わない場合、金曜礼拝を始め様々な禁止が再び議論される恐れがあると述べた。

ウナル組合局長は、本紙へ以下のように語った。

「ここ数日間、ルールに従うことに関して問題が起きている。必要がないのに道や通りに密集している。このままいけば金曜礼拝は禁止される。私たちは社会としてルールに従わず、感染者数の増加が見られれば、宗務庁も関連組織と協議の結果、決定を下して金曜礼拝を禁止するかもしれない。ルールには従い、金曜礼拝をモスクで行おう。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:岩坂翼)
(記事ID:50792)