ディヤルバクルでウラルトゥ、ローマ時代の盗品発見
2021年03月18日付 Milliyet紙


ディヤルバクルで、軍警察隊は通報を受けて行動を起こした。2人の容疑者に対する身体検査でウラルトゥ、ローマ時代の腕輪、ベルト、オブジェ、彫像、青銅板など歴史的遺物45点が押収された。

県の軍警察司令メンバーによって行われた捜査により、ヴァンに滞在していた2人が市場価格20万リラにのぼる様々な歴史的遺物をディヤルバクルへ売却のため持ちこもうとしているという情報が得られた。

軍警察隊はすぐに技術的な追跡調査を行い、容疑者らが乗車していたバスをビスミル郡で停車させた。

バス内の容疑者2名に対して行われた身体検査で、ウラルトゥ、ローマ時代の腕輪、ベルト、オブジェ、彫像、青銅板など歴史的遺物45点が押収された。

歴史的遺物は保護下に置かれ、容疑者らは逮捕された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:小鉄礼子)
(記事ID:50804)