女子バレー・ガラタサライ・チーム、欧州2位に
2021年03月23日付 Milliyet紙


バレーボール女子チームはCEVカップのファイナル・リターンマッチにおいてイタリア代表のサウジェッラ・モンツァを3-0で破り3-0で勝利を納めたガラタサライHDIインシュランス・ヨーロッパが第二位となった。


バレーボール女子CEVカップのファイナルの第二マッチにおいて、イタリア代表サウジェッラ・ モンツァは、ガラタサライHDIインシュランスに対して3-0で勝利を納めた。最初のマッチにおいてもホームで3-0のスコアで勝利を納めたシーゲッラ・モンツァは、シーズンチャンピオンシップを獲得した。

素早い反撃を開始したガラタサライHDIインシュランスに対して二回、同点に追いついたチームメンバーは、第7ラウンドにおいて初めて前面に出た。ライバルのブロックを乗り越えてそして効果的な反撃をすることに苦戦した黄-赤チームに対してヴァン・ヘッケそしてマジナーズの得点で上回り、第7ラウンドまで(13-20)を出したイタリア代表は、第一セットを25-17以上で終えた。

第二セットの防衛において無抵抗状態となった黄-赤チームに対してゲームを支配的に進めライバルとの差異を埋めることのないシーゲッラ・モンツァは
この部門においても25-19で終了してチャンピオンシップを確かなものとした。

リラックスした状態でゲームを勧めた最後のセットもまた25-19で勝利をしたイタリアチームメンバーは、第二ラウンドにおいても3-0で勝利を納めて、カップに辿り着いた。

この間、ガラタサライのクラブオーナーであるムスタファ・ジェンギズ氏、クラブの副部長であるアブドゥッラヒム・アルバイラク氏そして副部長であるユスフ・ギュナイ氏もまたトリビューンから試合を観戦した。

■サウジェッラ・モンツァがカップを獲得

CEVカップファイナルの第二マッチにおいてもガラタサライHDIを3-0のスコアによって打ち負かしたシーゲッラは催された式典と共にカップを獲得した。

ブルハン・フェレキ・スポーツ・サロンにおけるファイナル・マッチの後にゲストメンバーであるスポーツ選手たちは大興奮となった。

コンペティションの後に開催された式典において、ガラタサライ・クラブ長のムスタファ・ジェンギズ会長は黄-赤選手たちに対して第二位のメダルを進呈した。

チャンピオンとなったイタリアチームの選手たちは、メダルの数々そしてカップをCEV副会長ミロスロー・プルゼドペルスキー氏の手から獲得した。

ファイナル・マッチの最優秀選手(MVP)はサウジェッラ・モンツァチームからアレッシア・オッロ氏となった。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:50831)