トルコ文学:漫画と文学の融合―ユーモア雑誌「アルバム」が創刊!
2021年04月21日付 Milliyet紙


漫画と文学を繋げた雑誌テルス「アルバム」は、先週に各書店の本棚、そしてインターネットの各販売拠点に置かれ始めた。


アルバムには、出版、文学そしてユーモア界の著名な人物たちと共に数多くの若い作家そして漫画家が登場する。108頁に渡る雑誌アルバムには、社会/歴史的なユーモア小説から、文学的な実験作品、愛される漫画キャラクターたちから、ユーモア記事に至るまで60人の作家そして漫画家が貢献を果たしている。ビュレント・アラバジュオール氏、ベヒチ・ペキ氏、ジャン・バルサラン氏、ガーニ・ミュジデ氏、ザフェル・テモチン氏もその中に含まれるメンバーは、『アルバム』のアイディアがどのように生まれたのかということを以下のように明らかにしている。「昨年の7月にtersdergi.comのサイトで始まった冒険は、次第に出版の機運が高まったのです。サイトが受けた関心そして私たちが生み出したコンテンツの特性は、私たちに対してこの勇気をもたらしました。クラシックのユーモアそして文学雑誌の数々とは異なり、そしてより残るものになるようにという事を望みました。アルバムのアイディアはこのように生まれたのです。」

紙そして印刷のクオリティによって注目を集めるアルバムは、読者たちにセルヴェト・ギュルビュズ氏のサインの入った巨大な「トルコ観光と文化地図」をプレゼントする。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:51005)