優勝逃したガラタサライ、テリム監督辞意表明?
2021年05月18日付 Milliyet紙


スポーツ・トト・スーパー・リーグにおいてチャンピオンシップの願いを最新の週まで続けていたのもの、優勝カップをアベレージ差でベシクタシュに奪われた黄-赤色チームは失意に沈んでいる。起こったこの状況の悲しみを未だに追い払うことが出来ない中で、技術監督のファーティフ・テリム氏がチームから離れるのか否かというのも、心を穏やかにさせない状況だ。これら全ての進展において経験のあるスターからもショックを与えるような動きがあった。以下は詳細である・・・

■最後の試合で崩壊

ガラタサライでは、チャンピオンシップをアベレージ差でベシクタシュに奪われたという大きな悲しみが起こっている。これに加え技術監督のファーティフ・テリム氏の別れの言葉が付け加えられ黄赤クラブでは最近、大きな混乱が起こっている。

■アベレージ差でチャンピオンシップを逃す

スーパーリーグにおいて最新の6試合を勝利と共に離れたガラタサライはチャンピオンシップをアドバンテージと共に逃した。ジム・ボム(ガラタサライの愛称)は、2ゴールのアベレージの差異によって、リーグチャンピオンシップをベシクタシュへ明け渡した。

■違いは見つからなかった

ヘレネクス・イェニ・マラティアスポルに対して多くのゴールの勝利のためにありとあらゆることを試みたガラタサライの選手たちは3-1で勝利をしたが、イズミルにおいてベシクタシュが優位に立ち、アベレージの差で23番目のチャンピオンシップを手に入れることが出来なかった。しかしながら逃したチャンピオンシップの後にファティフ・テリム氏の言葉はかなりショックな影響を与えた。

■「私は約束を守った」

ヘレネクス・イェニ・マラティアスポルの直後に報道メディアに対して発表を行ったファーティフ・テリム氏は、契約が終了するであろうということ、またガラタサライファンたちに与えた言葉を守ったと述べた。テリム氏は離れるというシグナルを与えたのだ。

■「運命づけられていなかったようだ」

ファーティフ・テリム氏は、試合の後に「42週間は簡単なものではなかった。ただコロナウイルスそしてライバルたちと闘っているわけではない。数多くの要素と闘っているのだ。ゲームの中には全員が存在している。私のプレイヤーたちには、別れ際に感謝をした。私たちはいかなるときも諦めたことはないのだ。フロリヤは全く見捨てなかった。私たちは実際かなり近づいたのだ。簡単な計算では、デニズリでそしてここで負けなければ、ありえたのだ。しかしそのような運命ではなかったのだ。尽力をしてくれた全ての仕事仲間に、技術員たちに感謝を申し上げたい。私たちを誠実に支援してくれたファンたちに感謝をします。社会において私たちのことを支援してくれる大多数の人にも感謝をします。」と述べた。

■「私たちに深刻な傷を与えた。」

ファーティフ・テリム氏はまた、「私たちはこれ程までに沢山のことに取り組んできたのだから・・・審判たちと、連盟と異なる取り組みを、またもう一つにコンテンツとの異なる取り組みだ・・・私たちはこの間違いをずっと前に終えなければならなかったのだ。メンバーが一体どうであれ、私たちはこの仕事をずっと前に終えなければならなかったのだ。私たちに、非常に深刻な傷の数々を与えたのだから。これにも関わらず、全ての皆さんにも関わらず、ありとあらゆることにも関わらず・・・私たちはやることが出来たのです。全てのチャンピオンシップに「これにも関わらず」が存在している。このチャンピオンシップは、更に多くなるであろう。ガラタサライと共に、そしてガラタサライファンたちに私は誇りを感じます。
私は孤独だ、と述べた時にかなり多くのことを表明しましたし、彼らはよく理解をしなかったのです。残念ながらそういうことです。」という表現を用いた。

■悪いニュースがムスレラ氏から

ガラタサライへの悪いニュースの一つもフェルナンド・ムスレラ氏から来た・・・ファーティフ・テリム氏のイェニ・マラティアスポルとの試合の後に『あなたの権利を放棄しなさい』といって行った別れのスピーチは、ウルグアイ出身のゴールキーパーを大変に感動させた。

■「あなたがいないのであれば私もいない」

トルコにやって来ることで大きな世話となったテリム氏が離任を考えることは、ムスレラ氏を非常に悲しませた。スピーチが終わるか終わらないかのところで、テリム氏を最初に抱擁した一人となった。その時にトルコ語として「あなたが存在しないのであれば、私も存在しない」と言ったのだ。ムスレラ氏がその言葉を感動をもって語ったために、あまり留まることはしなかった。

■マネージャーと話をして、新たなチームを見つけることを望んでいる

しかしながらウルグアイ出身のゴールキーパーは、通訳を介してボドルムへと向かったテリムに電話を掛けて、離脱の決定が真剣なものなのかどうかを尋ねた。新たな契約を彼と働ことを願っているためにサインをしたということ、もしも離れるのであればマネージャーと話をして彼にチームを見出すことが必要だと解説した。


■国にではなくテリムの傍にいく

はっきりした決定は、選挙によって与えることが見込まれている成功をしたムスレラ氏から急ぐことは望まないということが伝えられた。この間にムスレラ氏が休暇のために国に行く事はないということ、ボドルムにテリム氏に近い家を持って休暇をするということが伝えられた。


■契約を検討している

ムスレラ氏は、2021年3月16日にガラタサライと共に今シーズンの終わりに終了する予定の契約を更新すること、そして更に3年、自身が黄赤チームに所属するという契約にサインをした。しかしながら成功を収めたキーパーは、テリム氏の先行きの不透明さのために弁護士が契約内容を調査することを望み、先生が離れた場合にはウルグアイでサッカーをやめるのを熱く望んでいると伝えられた。

■22試合でゴールで20ゴール

長い不調の後に1月20日に試合を行ったデニズリスポルとの試合のフィールドに戻ったムスレラ選手は、22試合で役割を果たして20ゴールを受けた。9試合をゴールを放たれることなく終了した。数多くの対戦においておこなった尋常ならざるセーブの技巧がもう一度どれほどかけがえのないものであるのかということを提示したのだ。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:51071)