ファイザー社製ワクチン、1億2千万分確保
2021年05月20日付 Hurriyet紙

トルコは、ファイザーとビオンテックが開発したCovid-19ワクチンの3000万回分をオプションとする9000万回分を追加購入する契約を結んだ。

ファイザーとビオンテックが行った発表で、以前契約で合意された3000万回に加え、トルコに3000万回分をオプションとする9000万回分の追加ワクチンを準備すると明らかにされた。発表では、合計1億2000万回分のワクチンが2021年に配布される見込みだと述べられた。

■ウウル・シャヒン博士によるトルコに関する発表

発表の中で見解を述べたビオンテックCEOで共同創業者のウウル・シャヒン博士は、感染症流行に終止符を打つこと、入院患者を減らすこと、正常な生活に戻るための助けとなることを目的に、世界中の人々に可能な限り多くのCovid-19ワクチンを供給すると伝え、「トルコが国民にワクチンを接種する努力に私たちが大きく貢献することができ、私たちに寄せられる信頼を嬉しく思う。」と話した。

ファフレッティン・コジャ健康相は、3000万回分のビオンテック製ワクチンが6月に到着予定であり、7月から9月の間トルコにさらに6000万回分のビオンテック製ワクチンが届けられる予定と発表していた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:小鉄礼子)
(記事ID:51079)