50歳以上ワクチン接種、今日から開始
2021年06月01日付 Hurriyet紙


保健大臣ファフレッティン・コジャ氏は、「50歳以上の国民の皆様のワクチンのプログラムが今日から始まりました。ワクチンによってパンデミックの影響を私たちのトピックから追い出してしまいましょう。どうかこの力を信頼してください。」という発表をおこなった。

コロナウイルス科学機構の提案を受けて、保健省によって発表された『コロナウイルス-19ワクチン国内適用ストラテジー』の枠組みにおいて、ワクチン接種のプロセスが継続している。

コジャ大臣は、『50歳以上の国民の皆様のワクチンプログラムが今日からスタートしました。ワクチンとパンデミックの影響を私たちのトピックからなくしてしまいましょう。この力を信じて下さい。』と述べた。

■50歳以上の市民のKOVİD-19に対してワクチンが打たれ始めた

イスタンブルの諸保険機関は、新型コロナウイルス(Kovid-19)との闘争の一環として、50歳以上の国民のためのワクチン接種プロセスがスタートした。

コロナウイルス科学機構の提案に基づいて、保健省により発表された『コロナウイルス-19ワクチン国内適用ストラテジー』の枠組みにおいて、ワクチン接種のプロセスが継続している。

大臣のワクチンのカレンダーによれば、システムを完了した50歳そしてそれ以上の市民たちも今日から予約をおこなった保険機構においてワクチンを打つことができる。

この枠組みにおいてワクチンの予約をとってフェリハ・オズ教授緊急病院にバシャクシェヒル・チャムとサクラ都市病院に向かった50歳以上の国民に対して最初のワクチンが適用された。ワクチンの前に、人員によって市民に対しての情報提供が行われた。

問題に関してAA通信の記者に発表をおこなったフェリハ・オズ緊急事態病院に属している
サンジャクテペ殉教者イルハン・ヴァランク博士教育研究病院のヌレッティン・イイト医長はワクチン接種において、全ての年齢のグループに開かれたことは、自身にとってまた別の興奮を与えたと述べた。

■「素晴らしい日々へまた”こんにちは“というために全員がワクチンを打てるようになるのを待ち望んでいます。」

 イート教授は、全ての新たなグループが開かれた時に、その日に興奮をしている群衆たちに「こんにちは」と言ったこと、これもまた彼ら自身を非常に喜ばせたということを述べて、以下のように語った。
「トンネルの端から光を見ることが出来るためには、このワクチンによって可能であろうと思われます。なぜならば、世界のデータはこの方向にあるからです。ワクチンをおこなった国々がどれほど素早く正常化をしたのか、また感染者数がどのように減退をしたのかということは私たち全員が目撃をしています。そのための私たちの国としての目的は以下のようになります。7月をワクチンの意味において、動員の月へと変えることです。私たちの計画は、早急な形で高齢者の各グループへと下っていき、今月が終わったころに恐らくには18-20歳のような年少の各グループにまで皆がワクチンを打つことが出来るのです。

約3000万人の既にワクチンを接種したグループがあります。それに加えて私たちが、この3000万人にワクチン接種することが出来れば、実際のところ夏にはよくワクチンを打つことが出来たグループに入るという目的のアドバンテージを手に入れることになるのです。」

イート氏は、プロセスを明らかにしながらも第三のファクターがあるということ、それもまた市民たちが適応することであるということを伝えながら、もしも市民たちが年齢グループが大きく開かれたために、すぐに予約をとったとすれば、彼らにワクチンを打つために待つ可能性があると語った。

イート氏は言葉を、「彼らはこの意味においてどうか私たちの助けとなってくれますように。素晴らしい7月、素晴らしい夏です。更には夏の日々のために「こんにちは」ということができるようになるために、全員がワクチンを打つことを待ち望んでいます。」と述べて終えた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:51137)