全国高校入試試験、一部問題が参考書にそっくり!
2021年06月08日付 Cumhuriyet紙


高校入学試験(LGS)ののちに、「欠陥」であるという主張が提示された。LGSにおいて10に及ぶ質問がある私立出版社の本における質問の数々と大きな割合で似ているという主張がトピックにやってきた。

LGSに出された数多くの質問が、私立出版社によって出版がされた模擬試験の質問の数々に似ていたと述べる学生たちは、「試験は撤回されよ」という呼びかけをおこなった。一方で数学テストにおける質問の難易度が教育者たちの反応を呼んだ。

■学生と親からの呼びかけ

ビルギュン紙のムスタファ・ビルディルジン氏のニュースによれば、トルコ全体では、1243万801人の学生が参加をした各高校に対して、高校一斉入試の枠組みにおいて開催がされたセンター試験ののちに、「質問は前もって知られていた」という主張がトピックにやってきた。二つディスカッションの形で973の試験会場において実施がなされていたセンター試験の数学試験における質問の数々が、ある出版社の模擬試験において問われた質問と非常によく似ているということが伝えられた。

■「こころを落ち着かせてください、子供たちの将来で遊ばないでください」

試験にやってきた学生たちは、数学のテストにおいて問われた10の質問が、ある出版されたLGSの予習本における質問の数々により構成されていたということを伝えた。学生たちが説明をおこなったところによれば、テスト会場における質問パターンがひとつひとつ取り上げられながら、その数が変えられながら、各学生たちに対して質問が行われたのだ。学生たちの主張をうけて各情報もまた子供たちに対しての支援のためにソーシャルメディアにおけるキャンペーンをスタートさせた。各主張の調査を求めたデータの数々は、MEBに対して、「どうかあなたの心を落ち着かせてください、子供たちの将来で遊ぶのはやめてください」と声を上げた。

■教師たちの質問に対しての反応

LGSの数学テストにおける質問の数々の難易度もまた、各種の反応に対しての道を開いた。教育者たちは、学生たちが一年半にわたって対面授業を受けることから離れてしまったと強調をしながら、「このような時期において質問の難易度の正確さというのは、見過ごされてはならなかった。」と述べた。質問の数々をソーシャルメディアのアカウントからシェアをおこなった多くの数学教師は、「私たちでさえも簡単に解くことができないような問題がどうして対面教育から長く離れてしまった学生たちに対して問われてしまったのでしょうか?」と問いかけを行った。

昨年にも、いくつかの学校においてCovid-19の患者と接触をした、もしくはテストが陽性となった学生たちがそのほかの学生たちと同じ場所で試験を受けたということが明らかとなっていた。

■ズィヤ・セルチュク氏に対しての質問の数々

LGSに対する主張の数々はトルコ大国民議会(TBMM)の議題へと持ち込まれた。CHP教育政治学者の責任者のひとりである、ラーレ・カラブユク氏は、2021年のLGSの様々な問題の数々は、ある出版社のものであるパンフレットと類似しているという主張を強調しながら国民教育省大臣のズィヤ・セルチュク氏に対して、以下のような問いかけをおこなった。

・2021年のLGSの質問の数々はある出版社に属しているパンフレットと類似するものであったという情報は正しいのでしょうか?

・どのような状況において幾つの質問がこの出版社のパンフレットと類似を示しているのでしょうか?

・キャンセルがされることが検討された質問というのはあるのでしょうか?

・2021年のLGSに関連しての何らかの調査へと開かれたのでしょうか?

■支部局長の息子に対しての面談の調査

ビレジクにおいてはといえばLGS試験の間に県国民ジュマ・イヴレンディ氏と妻が校庭へと呼び出されて子供と面会がされたということを主張する保護者の反応を受けて知事は問題に関しての調査を開始した。
「国民教育省によって8年生の学生たちに対して開催がされた高校に対して高校一斉入試(LGS)の枠組みにおいて、我が県のムラト・ヒュダヴェンディガル中学校で実施された高校一斉入試試験に関連する調査がはじめられたという。国民の皆様にお伝えされる。」と述べられた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:51166)