スタートアップ:トルコの未来のコンピューターエンジニア、第3回インズヴァ・アルゴリズム・キャンプに集合
2018年07月26日付 Hurriyet紙


トルコのハッカーたちの集う場所であるインズヴァ(inzva)は、更に以前9月と2月に開催されたアルゴリズムの枠組みを広げながら、6月28日―7月7日の期間の間に、84人が参加をして「アルゴリズム競争夏キャンプ」をベイコズ・クンドゥラで開催した。

無料で開催されて、参加者たちが能力試験によって選出されたキャンプには、ボアズィチ大学、中東工科大学(ODTÜ)、イスタンブル工科大学(İTÜ)のようなトルコの上位大学たちとともにドーア・コレジ、チャパ科学高校、イスタンブル・アタテュルク科学高校といった各学校から学生たちが参加をした。キャンプは、10日間にわたって国中からやってきた参加者たちをホストとして出迎えた。

アルゴリズムによって、思考とそしてこの方向でデータを使用する能力を、将来のコンピューターエンジニアたちに付加価値をもたらす決定的なファンクションとして評価をしているインズヴァのメンバーは、トルコからその分野においてプロフェッショナルのエンジニアたちを育てるための貢献をおこなう目的でキャンプを開催した。

キャンプの期間中、グループの形でアルゴリズムの問題に関して教育を受けながら競争に参加をした。参加者はギョネンチ・エルジャン教授、タイラン・ジェムギル教授、バルシュ・アクギュン教授博士助手、トルガ・ジャン准教授、スザン・ウスキュダル博士といったその分野において権威のある学者たちと並んで、ACM国際大学対抗プログラミングコンテストの世界ファイナリストであるケヴィン・アティエンザ氏、そして経験豊富なコンピューターのオリンピック選手たちから教育そして相談を得るというチャンスを獲得したのである。

ベイコズ・クンドゥラがホストとなったイベントにおいては、学生たちと同時に芸術監督のムスタファ・ズィヤ・ウルケンジレリたちとともに歴史的な建物の見学そして間近に観察をするチャンスを獲得したのである。10日間にわたって、トルコ十カラやってきた学生たちと知り合いそして交流をするチャンスを得た参加者たちは、毎朝のヨガとともにスタートする日々に教育、Q&Aの各セッションそしてソーシャルアクティヴィティを続けている。
夜にはボスフォラス海峡を目の前にテントを張っていた。

アルゴリズムの問題における各種のワークショップは継続する。

キャンプとともに始まりそして沢山の関心によって迎えられたこのイベントは、トルコで需要があるアルゴリズム・コミュニティを作りあげるという目的で最初のステップとなったと述べるインズヴァの責任者たちは、テーマに関するプロジェクトへ一年間にわたって活動をする予定であるアルゴリズムアカデミー・プロジェクトともに続くと語った。

ビレビル教育ワクフにより支援がなされる、人工知能、アルゴリズムそしてサイバーセキュリティ分野に集中をして、また非営利のコミュニティであるインズヴァのベイコズ・クンドゥラにおいて一年間にわたって続いたキャンプ、会合そしてワーキンググループは、inzva.comそしてソーシャルメディアアカウントからフォローを行うことが出来る。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:51349)