イスタンブル・ヘイベリ島の山火事、消火・鎮静
2021年08月22日付 Cumhuriyet紙


昨日(8月21日)正午頃、ヘイベリ島のエスキ・デイルメンイェリ地区で発生した山火事は、消防隊と森林管理局職員をはじめとする島住民によって1時間半のうちに消火・鎮静された。

昨日正午頃、ヘイベリ島のエスキ・デイルメンイェリ地区で発生した山火事は、消防隊と森林管理職員をはじめとする島住民によって1時間半のうちに消火・鎮静された。

週末に観光で島を訪れた人々も消火活動に参加した。また、その際に用いられたウォータータンクは、万が一の場合に備えて、満タンの状態で火災現場付近の道路各所に備えられていたものだった。森林管理局職員らは、不測の事態に備えて火災エリアで待機を続け、危険が発生しそうな場所があれば消火をおこなう活動を継続した。 また、日中は島住民も山火事の発生しているエリアを訪れて森林への被害を確認した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:原田星来)
(記事ID:51519)