ワールドカップ予選:ワールドカップ予選オランダ戦で歴史的大敗
2021年09月08日付 Hurriyet紙


最新の情報だ・・・トルコ代表サッカー・チームは、2022年のFIFAワールドカップのGグループにおける第6試合においてオランダと試合を行うさいに、第一ハーフを3-0で終了したのちにシェノール・ギュネシュ氏に対して非常に激しい反応が示された。経験豊富な技術監督の試合におけるイメージが注目を集める中で、セルゲン・ヤルチュン氏とエムレ・ベリョズオール氏の名前がトピックに上がった。

スポーツアリーナの詳細-2022年FIFAワールドカップのヨーロッパチームのGグループにおける第六試合においてオランダと戦ったトルコ代表チームは、戦いの最初のハーフで思いもよらぬ結果を迎え、そしてロッカールームには3-0の劣勢で入った。

戦いの前にグループにおいてリーダーの位置にいたチームは、アムステルダム・アリーナにおいてプレイされた試合の最初のハーフにおいていかなる存在感も示すことが出来ずに、リアクションの中心に技術監督のシェノール・ギュネシ氏が加わった。

オランダに対して右サイドバックではカーン・アイハン氏、そのフィールドの中心地にはオカイ・ヨクシュル-オルキュン・キョクチュ氏、攻撃にはケナン・カラマン氏という好みが議論された経験豊富なテクニック人に対しては、ソーシャル・メディアにおいて厳しい批判が行われた。

予期しなかった結果の後にファンたちは、シェノール・ギュネシュ氏がすぐに辞任をする必要があると主張する中で、代表チームを主導する二人のトレーナーの名前が話題となった。

各プレイヤーの一部がセルゲン・ヤルチュン氏が代表チームのトップに来ることを望む中で、一部のファンたちはエムレ・ベリョズオール氏が新たな技術ディレクターとなる必要があると主張した。

■スタンドでは「やめろ」の声が

アムステルダム・アリーナにいるトルコ人ファンたちは、最初のハーフにおける3-0のスコアの後に技術ディレクターであるシェノール・ギュネシ氏を目標にした。

最近に批判が為されている経験豊富な技術者への辞任の呼びかけがなされる中で、シェノール・ギュネシ氏がかなり悲しんでいる様子が見受けられた。
■試合の間で興味深い映像

争いではオランダが16分で2-0で優勢となる一方で、出版組織の画面にやってきた映像は興味を引いた。

技術監督シェノール・ギュネシュ氏は、助手であるバイラム・ベクタシュ氏とともにボックス席においてゲームを分析する姿がカメラに映し出された。シェノール・ギュネシュ氏の表情における絶望的な表現もまた最も会話に上るテーマの一つとなった。

■チャーラル・ソユンジュ氏が追い出される

代表チームのチャーラル・ソユンジュ氏の、第一ハーフの最後の時間に受けたレッドカードによってゲームから退かされた。

何分かの間44を示す中で、メンフィス・デパイに対してファウルをしたチャーラルはまず第二のイエローカード、そののちにもレッドカードを受けて私たちのチームを10人にした。

■オランダが10年後にまたやった

わがチームに対して第一ハーフを3-0で終えたオランダは10年後に初となるものに成功をした。

私たちのグループのもっとも強力なチームの一つであるオランダは、2011年にプレイをしたサン・マリノにおける試合から現在まで3-0のスコアに最も早く到達した試合は、トルコに対してプレーをしたのだ。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:51554)