ソイル内相、国内のPKKテロリスト数発表
2021年10月05日付 Hurriyet紙

内務大臣スレイマン・ソイル氏は、「今日に皆さんそれぞれが支援を行いたいと願っているPKKの国内におけるすべての武装した隊員の数は、新たな数を与えますが、181にまで減ったそうです。カンディルから、西側におこなった緊急の呼びかけも、私たちにはわかっています。」と語った。

スレイマン・ソイル内務大臣は、中央スポーツ広場にて開催されたカスタモヌ・警察高等学校第19期の宣誓式典でおこなったスピーチにおいて、宣誓をする警察役員候補そして家族を祝した。

今日には、2,429人が、英雄の道で祖国の子息たちが卒業をしたということ、このうち578人がカスタモヌで犠牲となったと述べるソイル氏は、「神よ、ありがとうございます。この凄まじい数字が友人たちにおいて信頼を、敵対者に対しては、恐れをもたらしています。それほどたくさんではありません。15日前にまではカスタモヌにおいては洪水がおきていて、その災害について私たちは話をしていました。素晴らしいことではないでしょうか、災害が発生してから、一か月もたたないうちに生活が正常化して、市民の皆様の緊急の要請にも対応をして、再び公共事業と計画事業へと継続することができるということを、皆一緒に目撃をしたのです。」という表現を用いた。

ソイル大臣は、昔から国においては重要な議題であったということ、しかしながら今日においては、このことには許可を与えなかったということを強調をしながら、言葉を以下のように続けた。

「10月6-7-8日に再びこの国の平穏を追いやり、そしてこの国の将来に対して禁輸をもたらそうとしている人々は、この政治政党から、テロ組織とともに同時に活動をしている人々で、命令を下しているのであり、そしてまた数多くの事件とともにこの国を明け渡してしまおうと思っている人々で、まったく間違ったことであるのです。この国の大きさを、この国民の高貴さを、政府に対して、歴史に対して、文明に対しての信頼を全く追いやってしまっているのです。お互いに協力を行っているのです。彼らは、私たちの歴史を知らない人々であり、一人一人に対しての私たちの信頼をそして結びつきというのを知らない人たちなのです。常にこの国のために、自由のために、独立のために、アザーンの空において永続的なものとなるために月-星の私たちの旗をはためかせるために、私たちが犠牲となることのできる、犠牲となるために私たちが命をささげたいかなるときも、その代償を計算することはなかったのです。この土地は、この国民はこのゲームにおいて勝つことを常に知っているのです。神に感謝をします、私たちは戦いに勝利をしたのであり、またゲームを作りだす人々を我々は打ち負かしたのです。テレビから、「焼いてしまえ、焼いてしまえ」と命令を出す人々は、この国民を傷つけるやり方を知っているのです。アッラーよ、何千回でも言いましょう、神よありがとう。」

ハッカリでは既に冬季休暇であり、ピュルミュル・ヤイラではピクニックが行われていて、地域がテロによって洗浄されたということに注意を引いたソイル氏は、以下のように続けた。

「私たちの国境の警備というのは、”一キロの埃をかぶったバス(訳注:交通会社があまり清らかなルートでお金を稼がないという意味)”という表現が生み出すほどでした。(ナゴルノ)カラバフおける迫害はただ悲しく思うばかりでした。私たちの海においては、ただギリシャに対しての私たちの権利を守ることができるほどしか開けませんでした。かつては、この国をIMFの役人たちとともに、もしくはキプロスの和平行動における有名な武装のワゴン車とともに恐れさせたものでした。夜の半ばにはしり書きで書いた通達によって恐れさせたものでした。そうでなければ今日において、この国の治安の報道というのは、シリアにおいて、アフガニスタンにおいて、またイラクにおいて、安定をもたらしているのです。今日においてこの国の治安のアジェンダは、ヨーロッパから、アフガニスタンに至るまでの麻薬ラインで一体何が起こったのかということを、また国際的なテロ組織に対してどのような資本的支援がもたらされたのかということ、不法流入の難民たちとともに自身が暮らす国でどのような戦いが行われたのかということ、これに対しての抵抗を行うことができるということなのです。今日では、この国の国境警備は、私たちの子供たちの犠牲に対して、現代の統合された国境の様々な壁に対して、熱センサーカメラに対して、電気光学監視塔に対して、国境の照明に対して、治安の道の信頼に基づいているのです。今日において、この国の光線はアクデニズにおいて1500キロメートルの戸外において、麻薬取締りの操作をおこなっているのです、黒海において、また地中海において、自身がつくりあげた船とともに石油と天然ガスを捜索しているのです。敗残者たちの遺体が、海岸に流れつくことがないようにと、エーゲ海そして地中海のあらゆる場所で、一人の監視員を配置しています。今日に、トルコにおいては空を飛行する無人航空機のために、ヘリコプターのために、誰からも許可を得る必要がありません。テロリストに対して、弾丸を打つためには誰からも許可を得る必要はないのです。」

■「私たち皆の代償を支払っています、支払うことになるでしょう」

ソイル大臣は、この点に対して、トルコには簡単にやってこなかったということ、大きな代償を支払ったと言及をした。

政治がアメリカそしてヨーロッパの汚い手に預けられてはならないと述べたソイル氏は、「トルコは、経験した数多くの痛みに対してそして不満にもかかわらず今日では、過去よりもずっと信じていることがあります。トルコは今日ではかつてよりもずっと決意がある。最も重要なことは、さらにしっかりと閉じられた状態にあるということだ。」と語った。

ソイル大臣は、この点に対してトルコは簡単には到達しなかったということ、大きな対価を支払ったと述べた。

トルコにおいては誰も石油や、金山を見つけられなかったということ、発見されたものにたいしては、沢山仕事をしながら守られるのを拒否しながらやってきたということを強調をするソイル氏は、「私たちをクーデターの脅威から恐れさせる理解から、自身の私たちの肉体とともにはぎとることがなければ、もしも私たちの国民の力を信じることがないのであれば、もしも私たちのルーツのある歴史の蓄積に対して、過去を信じることがなければ、もしも21世紀においてもレジェプ・タイイプ・エルドアンが提示した力強いリーダーシップを信じることがなければ、もしも私たちをわたしたちとする価値が、私たちの伝統が、私たちの信仰、そして力を信じることがないのであったら、無人肘後期がなかった日には、イスラエルに対して、そしてアメリカに対して、手を開いて私たちの二つの手を膝の間においてしまって、「さて、私たちは何をしようか?」といって、解決策もないまま残ってしまえば、どうか信じてほしいのですが今日において、この地点にいることはありませんでした。いまだにIMFのくびきに、いまだにグローバルな武器商人たちそして関係するロビーたちのくびきにおいて、いまだにテロ組織がその指を伸ばして、私たちの魂を焼き、そしてアメリカからヨーロッパへ、「私たちの場所に座りなさい、あなたのわきまえを知りなさい」といって私たちを脅しつけて、私たちの足元に、以前は公務員であった、形であったというわけです。全く素晴らしいです、この国民のおかげでこの日はもはや過去のものとなったのですから。」と語った。

7月15日には、国民において膝まずかせない人々が、国民を膝まずかせたと思うと述べたソイル氏は、「ここから私は述べるのですが、7月15日、そしてPKKもまたその他の問題もたこの政府においてもまた、国民においてもまた、髪の毛ほどにも害を及ぼすものではない。ただしいことなのです。私たちの犠牲者たちの痛みというのは、私たちの中を焼き付けたのです。私たちのすべての犠牲者の代償を支払っているのですし、支払うことになるでしょう。これから、融和政策をもたらすことは不可能です。坤為地において、KHKの主張とともに、FETÖテロ組織を免責しようとしている人々に対しては、カスタモヌからもう一度語りかけます。どれほどまでにアメリカ、そしてヨーロッパと仕事をしようが、どれほど西洋を信奉しようが、いかにあなたのPKKを跪かせたとしても、FETÖテロ組織のある一粒でさえもこの国には残しはしないでしょう。残させはしません。将来においては一つたりとも許可をもたらしません。」と語った。

■「国内のテロリストの数は181にまで減少した」

警察組織、郡警察、武装治安部隊そしてトルコ軍は短期間の間に刷新をして、かつてよりもさらに力の強い状態になったと強調をしているソイル氏は、以下のように語った。

「FETÖそして投資家たちは、PKKそして投資家たちは7月15日ののちに協力をしたのであり、ありとあらゆる挑発を自然災害においても提示したのである。国外におけるワクフが投資をおこなった筆鋒というのは、彼らがどのような命令を与えたとしても、それを書いたのだ。彼らは全く恥じることがないのです・・・嘘に嘘を重ねつけるというわけです。一体何者なのか怪しい男たちが、朝から晩までビデオを撮影して、わが国民のモラルを破壊しようとしているというわけです。私たちの国に対して、国民に対し、さらには政府に対して名誉棄損をおこなおうとしているわけなのです。ひび割れを起こすなら起こせばよいでしょう、この私たちの子供たちとともに我が国に対して一体どのように平穏をもたらしたのだとしても、アッラーは見ているのです。それは私たち国民に対しての私たちの言葉なのです・私たちの歴史に対しての言葉なのです。ただトルコに平穏と平和をもたらすことは私たちはありません。私たちの周囲に存在している地理を殺してしまおうとしているひとたちから、その血を見出そうとしている人々から守り抜きます。私たちの周囲における土地においてさらには兄弟たちに対しても、平穏を、兄弟性をさらには平和をもたらします。」

ソイル大臣は、警察や郡警察が、麻薬販売者の重要人物たちの組織の犯罪ギャングたちの後を追いかけて走るであろうということを述べながら、「それに対してもまた、挑発があります。アッラーは偉大な書物であるコーランの言葉において、「悪魔の裏切りは薄っぺらいものである」と語っている。アッラーよこの人々に同意ください。ちょうど9660万リラ、つまりは過去の金額では千兆リラもの投資をおこなったのです。1400台ものトラックが、カスタモヌ、バルトゥン、スィノップの山岳地の岩場を目撃しました。この国民は我が国のありとあらゆる場所から支援をもたらしてきたのです。警察が探し出している時に、また郡警察が捜索している時の様々な要請、申し出というのは、表層的なものではないのです。この人々を探し出そうとしているときに、参加をしている人々に対しては、訴えかけるのです。
今日に皆さんそれぞれが支援を行いたいと願っているPKKの国内におけるすべての武装した隊員の数は、新たな数を与えますが、181にまで減ったそうです。カンディルから、西側におこなった緊急の呼びかけも、私たちにはわかっています。」と語った。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:51670)