パレスチナ:国交正常化支持のための三国間会議が開催(1)
2021年10月13日付 al-Quds al-Arabi紙


■正常化支持のための三国間会議がワシントンで開催、アラブ首長国連邦がイスラエルとの関係を強化しハルトゥームで論争を巻き起こす。またカタール政府によると『アブラハム合意』は占領の終結への地平線をもたらさない」。

【ラーマッラー、ハルトゥーム、ドーハ:本紙】

ジョー・バイデン米政権はアラブ諸国家によるイスラエル承認の動きへの支持を表明したうえ、中東におけるその他の国々に対しその「活発的な」促進を約束した。一方カタールのムハンマド・ビン・アブドゥッラフマーン外相は昨日水曜、「アブラハム合意は占領の終了への道筋を提示していないため、我々の政治と調和しない」と述べた。またアブダビにおいてイスラエルのイーサーウィー・フリージュ地域協力相とスーダンのナスルッディーン・アブドゥルバーリー法相との間で行われた会談が、スーダン国内で論争を引き起こした。

アントニー・ブリンケン米国務長官は三国間会議を開催する以前に、イスラエルのヤイル・ラピド外相およびアラブ首長国連邦(UAE)のアブドゥッラー・ビン・ザーイド・アール・ナフヤーン外相との間でそれぞれ二国間会議を行っていた。

ブリンケン国務長官は、米政府は「パレスチナ人との関係深化に向けた努力の枠組みにおいて、エルサレムの米領事館の再開に向け前進していく意向である」と述べた。

(2)に進む

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:谷崎優貴)
(記事ID:51721)