Netflix:ギョクチェ・バハドゥル氏が主役を務めるNTFLIXドラマ『クラブ』から予告編が公開!
2021年10月12日付 Cumhuriyet紙


ギョクチェ・バハドゥルが主役を務めるNetflixドラマ「クラブ」から最初のものとなる予告編が公開された。視聴者たちを1995年へと連れ出す用意のあるドラマは、11月に公開される予定である。

ギョクチェ・バハドゥル氏が主役を務めるドラマ「クラブ」から初となる予告編が公式に公開された。Netflixにおいて公開される予定の『クラブ』は、ユダヤ人の母親の物語を取り上げている。

ベヤズペルデが伝えたところによれば、『クラブ』のドラマの俳優陣には、最新では『結婚についてのすべてのこと』とともに登場をしたギョクチェ・バハドゥル氏と並んで、バルシュ・アルドゥチ氏、サリフ・バデムジ氏、フラト・タヌシュ氏、メティン・アクギュレル氏、アスデ・カレベキ氏といった名前が加わっている。ドラマの監督をセレン・ユジェ氏とともにゼイネプ・ギュナイ・タン氏が務めている。

■ドラマのテーマは何か?

クラブのドラマのテーマは以下のようである:かつて囚人であったマチルダは、1955年の最も有名なナイトクラブの一つで仕事をしていた。マチルダの娘であるラシェルは、彼女が牢獄から出るまでは、その所在を知らないままであった。娘との間の関係性を良くしようとするマチルダは、ラシェリをペラのトラブルのもととなっているフストゥク・イスメト氏から遠く離そうとする。マチルダは同時に雇い主であるオルハンは、ナイトクラブの経営者であるチェレビ氏そして芸術家セリムのエゴとともに戦いを行おうと尽力する。クラブを訪れることで、その状況に異なる精神をもたらしたマチルダは従業員たちにとって地獄のような場所であるクラブを皆の拠り所へと変えていく。
「クラブ」は、11月5日にネットフリックスで公開される予定である。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:51731)