17人乗りミニバスから不法移民31人現れる
2021年10月21日付 Milliyet紙

アンカラで警察に制止された17人乗りミニバスから、31人の不法移民が現れた。ミニバスの運転手M.A.は逮捕され、裁判所によって勾留された。

アンカラ警察不法移民入国対策・国境検問担当局のチームは、イランからトルコへ不法に入国した不法移民が乗ったミニバスを、ギョルバシュ郡境で制止した。17人乗りのミニバスで行われた捜査により、男性28人、女性3人の合計31人のアフガニスタンからの不法移民が発見された。運転手はディヤルバクルから出発したが、首都まで16時間休憩しておらず、移民たちは空腹を訴えているという。食事を与えられ、生理的欲求を満たされた移民たちは、国外退去のため送還センターに引き渡された。運転手のM.A.は逮捕され、管轄の裁判所によって勾留された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:小鉄礼子)
(記事ID:51738)