イエメン:イエメン改革会議が同党高官の暗殺に関する国際的調査を要求(1)
2021年10月23日付 al-Quds al-Arabi紙


■イエメン改革会議は暗殺犯罪に対する国際的な調査を要求する

【イエメン:アナトリア通信】

イエメン最大のイスラーム主義政党であるイエメン改革会議は土曜夜、国内で行われた暗殺を調査する国際委員会を設立するよう要求した。

この要求は同党の事務局によって発出された声明のなかで言及された。同様に同事務局は声明のなかで、イエメン南西部のタイズ市で身元不明の人物によって暗殺された著名な指導者ディヤー・ハック・アフダル氏に対する哀悼の意を表明した。

同党の宣言は次のように述べた。「我々は偉大な国民的戦闘員であり、イエメン改革会議のタイズ県執行機関・組合の局長であったディヤー・ハック・アフダル教授を哀悼するものである。同氏には今日、タイズにある自宅の前で犯罪とテロの手が及んだ」。

さらに以下のように付言した。「ディヤー・ハック氏を殺害した罪深い手は、忠実な国家的指導者の暗殺、安定と平和の動揺、また解放された地域における集団的平和への脅威を楽しむ金ずくの分子に他ならない」。

(2)に進む

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:渡部航平)
(記事ID:51747)