シリア:周辺国からシリアを介してガス・電気を輸入するための協議が進行中(2)
2021年10月26日付 al-Watan紙

■レバノン・エネルギー資源相:エジプトとヨルダンからシリアを通じガスと電気の輸入を行う協議が進展中

【諸通信社】

米国は、シリアが自国領土の主権に固執しており、米国の政策や覇権、命令への従属を拒否していることを理由に、同国に対し一方的な強制措置を課している。

ファイヤード氏は自国にガスを輸入する契約に関して、「我々は我が国のガス・パイプラインの調査と修繕のため、エジプト側やヨルダンのTGS社との協力を開始した。これには数週間がかかり、修繕を開始する必要性に関しての報告書が発行された」と述べた。

さらに、「エジプトで生産できるガスの量を推計し、運用するパイプラインのキャパシティや我が国に引くことができるガスの量を確認するため、シリアのパイプラインを調査するためエジプト側と合意に至った。これらはシリア側との協力のもと行われる」と説明した。

ファイヤード氏はエジプトが「現行の危機に際してレバノンと兄弟的な立場にある」と指摘した。また「契約と商業のレベルに関して、エジプトのターリク・ムッラー石油大臣とエジプトガス公社のチームと会談し、今週署名がなされるであろう了解覚書を発行するという理解に至った」と付け加えた。

(後略)

(1)に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:竹馬李星)
(記事ID:51779)