テレワーク終了後地下鉄の利用者が10%増加
2021年10月25日付 Hamshahri紙


 テヘラン・メトロ開発公社総裁は、首都テヘランにおけるテレワーク終了に伴い、地下鉄の利用者が10%増加したことを報じた。

【ハムシャフリー電子版】ファールス通信によると、アリー・アブドッラープール総裁は、テレワーク終了に伴う地下鉄利用者の統計について、次のように述べた。「テヘランにおけるテレワーク終了に伴い、地下鉄の利用者数は全ての路線において、確実に一部の時間帯で増加している。」

 同総裁は、「テレワーク終了後、朝の8時から9時に、地下鉄利用者数は平均で7~10%増となった」と言及し、こう述べた。「今後数週間で、地下鉄利用者数と地下道の通行量がさらに増加することが予想される。」

 テヘラン・メトロ開発公社総裁は、地下鉄利用者に関する予測と必要な対策について言及し、以下のように述べた。「市民に対し、地下鉄を利用する際は衛生に関する規定の遵守に注意するようお願いしたい。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:SK)
(記事ID:51801)