ビザ発給停止解除後 最初の観光客がフランスからイランに到着
2021年11月07日付 Jam-e Jam紙


 アーバーン月16日[西暦11日7日]日曜日の朝、ビザ発給停止解除後最初のツアー客がフランスからイランに到着した。

【ジャーメ・ジャム電子版】文化遺産観光手工芸省広報の情報に基づくメフル通信の報道によると、ビザ発給停止の解除と外国人観光客の入国受け入れ再開に伴い、ロシアからのファムトリップ[観光地の誘致促進のため、旅行事業者やメディアに現地を視察してもらうツアー]の受け入れ後、フランスからの観光客が9人グループでエマーム・ホメイニー空港からイランに入国した。

 旅行会社が企画運営するこのフランス人ツアーは、15日間のイラン滞在中に、テヘラン、ハマダーン、ケルマーンシャー、アフヴァーズ、シーラーズ、ヤズド、エスファハーンの観光名所や魅力的な観光スポットを訪れる。

 文化遺産観光手工芸省観光担当次官が強調したところによると、このツアーは「コロナ禍での外国人観光客滞在手引」のガイドラインに従い、衛生プロトコルを遵守して安全に行われる。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:FA)
(記事ID:51846)