4号線の技術的欠陥の原因に関しテヘラン・メトロが説明
2021年11月22日付 Jam-e Jam紙


 テヘラン・メトロ開発会社が4号線で発生した技術的欠陥について公式発表を出し説明した。

【ジャーメジャム電子版】イラン学生通信[ISNA]によると、テヘラン広域メトロ開発公社は市民と乗客に対し、本日アーザル月1日[西暦11月22日]早朝に発生したアーザーディー広場駅の大混雑について謝罪し、「この問題は、エラメ・サブズ駅のレールポイントでの技術的欠陥が原因で発生し、直ちに修理隊が現場に派遣されて10分未満で解決された」と発表した。

 同駅で乗客が20分以上待たされたとの情報が流れたが、この情報は正しくないことを指摘しておかなければならない。

 現在、この路線の運行は通常通り行われていることも言及に値する。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:MN)
(記事ID:51913)