チュニジア:警察官が女性に暴行を加える姿がSNS上で拡散される(2)
2021年12月03日付 al-Quds al-Arabi紙


■警察官が女性を暴行した後:チュニジア人活動家たち「我々は警察国家の時代に戻った」

【本紙】

ツイッター利用者たちは、ビデオのなかで自らへの暴行の背景が「交通違反」であると主張しながら、自らに注意を向けようと叫んでいる女性を、物理的におよび言語的に攻撃した警察官への問責を求めた。

今回の事件は人権活動家やチュニジアにおける女性の権利を擁護するフェミニズム団体の怒りをかき立てた。

治安機関事務局の発言を引用した複数のメディア筋によると、当該の警察官は「公務員に対する侵害」の条項に基づいて女性を起訴した。この容疑はチュニジアの法律に則るものであり、刑罰として禁錮1年および罰金が規定されている。

"مثماش عقاب!"... "رجعنا للدولة البوليسية!"

مغردون غاضبون بعد فيدو متداول لاعتداء شرطي على امرأة في تونس!

#جعفر_توك pic.twitter.com/wbH91zM2PF

— Jaafar Abdul Karim 🍉 (@jaafarAbdulKari) December 2, 2021

人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」はこれまでに、当該の法律がチュニジアの人権状況に対する明白な侵害を示していることから、その廃止を求めてきた。

(1)に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:雨宮有希)
(記事ID:51941)