イラン水情報・データ局長「国内ダムの水資源が昨年比44%減に」
2021年12月05日付 Jam-e Jam紙


 イラン水情報・データ局長のフィールーズ・ガーセムザーデ氏は、次のように語った。「メフル月[西暦2021年9月23日~10月22日]上旬からアーザル月13日[西暦2021年12月4日]までの国内のダムへの総流入量は28億4000万㎥で、昨年の同時期に比べ44%減である。」

【ジャーメ・ジャム電子版】エネルギー省によると、フィールーズ・ガーセムザーデ局長は以下のように述べた。「国内のダムの状態を調査すると、メフル月[西暦2021年9月23日~10月22日]上旬からアーザル月13日[西暦2021年12月4日]までの国内のダムへの総流入量は28億4000万㎥で、昨年の同時期に比べ44%減である。」

 同氏はまた、次のように指摘した。「現状、国内の主要なダム貯水池の総貯水容量は505億㎥で、そのうち約35%が貯水されている。」

 同氏は「ザーヤンデルード、シャミーロニヤーン、セフィードルードといった主要なダムの貯水率は現状約13〜18%である。フーゼスターン州とテヘラーン州における本年の雨季の間の平均的な貯水率は、それぞれ38%と20%だ。」と付け加えた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:HA)
(記事ID:52000)